【山村和也デビュー!】2019年川崎フロンターレ Jリーグ第4節 ガンバ大阪戦戦 プレビュー


このブログにお立ち寄り頂きましてありがとうございます。

今回は2019年3月17日にホーム等々力で行われる、Jリーグ第4節横浜ガンバ大阪戦のマッチプレビューです。

ここまでリーグ戦は3試合連続ドローで勝ちきれない試合が続いています。

今回のホームゲームでリーグ戦初勝利を掴んで欲しいです。

J1リーグ第3節 横浜F・マリノス戦

業務の都合などでマッチレビューが書けませんでした・・・

万が一楽しみにしていた方がいたら申し訳ございません。

ラストワンプレーのコーナーキックで失点という半端なく悔しい結果でしたが、レアンドロ  ダミアンの2ゴールや僚太が試合直前に怪我をして急きょスタメンで出場した碧くんの活躍などポジティブな要素も多い試合でした。

碧くんは試合開始早々にダミアンのゴールをアシストし、攻守に素晴らしい活躍を見せてくれました。

碧くんの最大の特徴である脚力を生かしたプレッシングに加え、足元の技術やパスの精度等、フロンターレというチームで試合に出れることを証明するプレーを見せてくれました。

ラストワンプレーで決められた扇原のマークは碧くんでしたので、先制点のアシストと差し引き0ですが、チーム力の底上げという観点では大いにプラスとなる試合でした。

結果は残念ですが、まだ3節、今回失った勝ち点2は田中碧への先行投資ということにしておきましょう。

ACL第2節VSシドニーFC戦

試合を観れていないので結果について書きますが、学のゴールは嬉しかったです。

正直、前節のマリノス戦は特別な思いがあったはずです。

昨年のフロンターレデビュー戦もこのアウェイ横浜F・マリノス戦、一人でゴールやラストパスまで持っていける姿はこれまでのフロンターレに無かった新しいオプションとして大いに期待が持てる内容でした。

ついに齋藤学がフロンターレデビュー!相手は古巣のマリノス戦。非常に楽しみなこの1戦をフロンターレサポの立場でマッチレビューを書きます。

ただし、その後はフロンターレのサッカーとの融合に時間がかかり、今でも最適解を見いだせていません。

今シーズンはフジゼロックススーパーカップで途中出場ながら素晴らしいプレーを披露してくれましたが、次節のFC東京戦ではインパクトを残せず、すると鬼さんは阿部ちゃんやハセタツを優遇することになり、ベンチ入りしても出場出来ず、ベンチにすら入れない試合もありました。

飛躍のきっかけにするには最適な相手といえるマリノス戦でしたが、プレー機会を与えられず・・・

本人もACLのヒーローインタビューでほんとに悔しかったと言っていましたね。

ハセタツの方が調子が良いのかもしれませんが、学を戦力して考えたいのであれば、このマリノス戦ではプレー機会を与えても良かったと思います。

このマリノス戦を境に、フロンターレでの未来を諦めて、夏の移籍市場に気持ちを切り替え、ある程度、練習の強度やモチベーションを落としたとしても、誰も学を責めれないと思います。

しかし、学は諦めずに練習に取り組み、阿部ちゃんの怪我もあったと思いますが、サブに入ることができ、81分から試合に出場、するとその2分後に憲剛からの低いクロスに合わせたシュートが見事に決まり、これが決勝点となり、チームに4試合ぶりの勝利をもたらせてくれました。

いまの小林悠と家長の状態を考えると、個人的には学とハセタツを両ウイングで使っても良いのではと思っています。

学とハセタツは試合後のコメントでそれぞれお互いを称えているところから、ライバルだけど大切な仲間であることが伝わってきて、素晴らしい関係を築けていることがわかります。

ガンバ戦は果たして誰がスタメンで出るのでしょうか?

メンバー予想

恒例のメンバー予想です!

スタメン

GK ソンリョン

DF マギーニョ  奈良ちゃん  彰悟  車屋

DMF  田中碧  山村

MF  小林悠  憲剛  ハセタツ

FW  ダミアン  

各サイトの予想が割れてますね。

右サイドバックはマギーニョの5試合ぶりのスタメン復帰を予想します。

この右サイドバックというポジションはほんとに苦労してますね。

失って初めてエウシーニョの存在の大きさを感じます。

マギーニョ、馬渡がチャンスを与えられましたがどちらもスタメンを確定できるほどのインパクトを与えられず、守田を右サイドバックで出場させざるを得ない状況に陥っています。

この試合、再びマギーニョが試合に出場することになれば、ぜひこのチャンスを生かしてほしいと思っています。

センターバックは彰悟と奈良ちゃんのコンビがこの試合でもスタメンで起用されます。

代えがきかないポジションであることは理解していますが、どこかで新戦力のジェジエウを試してほしいと思っています。

ボランチは山村が移籍後初出場、初スタメンで出場することになりそうです。

ショートパスを多用するフロンターレのサッカーへの順応に苦労しているという報道がキャンプ中に見られましたが、そろそろ準備ができたという判断なのでしょう。

疲労によって本来のパフォーマンスが発揮できていない守田をベンチスタートにして、碧くんとのコンビでの出場になりそうです。

高さと多様さを兼ね備える山村が機能すれば、フロンターレにとってこれ以上ない戦力の上積みになります。

果たして山村がどこまで機能するのか、注目です。

前線はRMFに小林悠、トップ下は憲剛、LMFにハセタツ、そして、ダミアンのワントップを予想します。

家長も守田と同様に疲労が溜まっているのでこの試合はベンチスタートではないでしょうか?

注目は小林悠です。

最も多くの決定機を得ながら、ことごとくモノに出来ていないのが現状です。

小林悠は「上手い選手」ではなく、ハードワークと得点を決められることで今の地位を築いてきました。

RMFというポジションではありますが、やはり期待されるのはゴールという結果です。

この試合こそ、待ち望んだ結果を手にしてほしいです。

サブ

GK  章太

DF  ノボリ

MF  守田  ラルフ鈴木  齋藤学  家長

FW  知念

ACLで殊勲の決勝点を挙げた学に期待ですね。

この試合でも試合に出れるチャンスはあると思います。

ハセタツのプレーが1つのヒントになったように、自分らしいプレー、ドリブルで仕掛けることがチームを活性化させます。

思う存分、齋藤学らしいプレーを見せてほしいです。

さて、

日曜日の試合ではありますが、頑張って現地観戦予定です!!

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村