【俺たちは強い!】2018年川崎フロンターレ J1第32節 セレッソ大阪戦マッチレビュー

このブログにお立ち寄り頂きましてありがとうございます。

今回は11/10に行われたJ1第32節、セレッソ大阪戦とのアウェイゲームのマッチレビューです。

勝てば連覇が確定する試合、まさに大一番です!

メンバー

早速、恒例のプレビューで予想したメンバーの答え合わせです。

2018年川崎フロンターレ J1第32節 セレッソ大阪戦の予想スタメン、プレビューです。 この試合に勝利すれば連覇が決まる大切な試合ですが、相手は3連敗中の難敵セレッソ大阪、エース小林悠の負傷欠場をどうやって埋めるのか、注目です。

スタメン

GK ソンリョン

(予想  ソンリョン)

DF エウシーニョ  彰吾  奈良ちゃん  車屋

(予想 エウシーニョ  彰吾  奈良ちゃん  ノボリ)

DMF  僚太  守田

(予想 僚太  守田)

MF  家長  憲剛  ノボリ

(予想 家長  憲剛  ノボリ)

FW  阿部ちゃん

(予想 阿部ちゃん)

サブ 

GK  章太

(予想 章太)

DF  舞行龍

(予想  舞行龍)

MF  下田  ラルフ鈴木  長谷川  齋藤学

(予想  下田  ラルフ鈴木  長谷川  齋藤学)

FW  知念

(予想  知念)

スタメン的中率  11/11  100% 

サブ的中率  7/7  100%

メンバー入り的中率  18/18  100%

やりました!久しぶりの100%達成!

車屋の復帰、ノボリのLMF起用、阿部ちゃんのワントップはメディアの予想通りでしたね。

そして、サブメンバーもここ数試合の動向を考慮すると順当なメンバーと言えます。

プレビューでも書きましたが、ワントップのスタメンを阿部ちゃんに譲る形になった知念、その悔しさをぶつけて欲しいです。

試合結果

前半

大一番!!試合開始!!

セレッソは前からプレスに来ない、リトリートを選択、フロンターレがボールを保持する展開となります。

3分、僚太からの縦パスを受けた憲剛がPA手前からミドルシュート!!

キム・ジンヒョンに弾かれます。

ファーストシュートはフロンターレ!

セレッソボールになっても得意のプレスでボールを回収できています。

8分、完璧なパス回しからセレッソのチェックをかいくぐり、ノボリが真ん中を抜けて右サイドに開いていた阿部ちゃんにパス、カットインからミドルを放ちますがこれもセーブされてゴールならず。

13分、守田が得意のうまく身体を使ったディフェンスでボールを回収!

自らドリブルで駆け上がり、右サイドに絶妙なスルーパス、折り返しを受けた憲剛は左サイドでフリーになっていた阿部ちゃんへ絶妙なパス、ドリブルでDFを交わしてシュートを打ちますがブロックされてしまいます。

守田の素晴らしいプレー!

ここからフロンターレがボールを持ちますが、セレッソが中を固めてシュートを許さない展開。

そして、35分、アクシデント発生。

ノボリが足を痛めてピッチに倒れ込みプレー続行不可能。

知念がワントップの位置に入り、阿部ちゃんが左サイドに入ります。

39分、山口蛍が見事なクロスを上げ、フリーの柿谷に合いますがミートせず、ボールはゴールラインに流れます。

非常に危ない場面でした。

43分、コーナーキックからのこぼれ球をソーサが強烈なミドルを放ちますがソンリョンが片手でシュートストップ。

そして、再度コーナーキックでゴール前にこぼれたボールを杉本がフリーでシュート、これをエウソンが背中でブロック!

絶体絶命のピンチでした。

スコアレスで前半終了。

後半

開始早々の46分、守田が右サイドでタメを作って素晴らしいスルーパスをエウソンに通します!

ゴール前に送ったクロスに知念が合わせますがファールを取られゴールならず。

今日の守田は僚太が担うようなアシストの前のアシストを通しまくってます!

48分、家長がらしい個人技でDFを交わしてクロスを上げますがディフェンスにクリアされます。

55分、杉本がはたいたボールを田中亜土夢が折り返し、ボールを受けた杉本が彰吾と逆の動きで重心を外してシュート、これが決まり0-1。。

与えてはいけない先制点を与えてしまいました。。。

フロンターレがボールを持ち続けて攻める展開、ただ、セレッソの守備が堅く、最後のところでシュートまで持っていけない展開が続きます。

75分、フロンターレは勝負の2枚交代。

エウソンに代えてラルフ鈴木、阿部ちゃんに代わって学が入ります。

79分、学が裏に抜ける動き、これを憲剛が見逃さずロングパス、しかしキーパーにキャッチされます。

88分、セレッソゴール前、水沼のバックパスを受けた山下に対して知念が力強いプレスを仕掛け、ボールが溢れます!

そのボールを追いかけた際にキム・ジンヒョンに後ろから倒されPK獲得!!!

ベンチスタートとなった悔しさを晴らす、執念のようなプレーで貴重な同点の機会を演出してくれます!!

キッカーは家長!

シンプルにボールに向かって走り出し、シュート!!

GKの逆を突いて、右隅に決まって同点!!!1-1!!!

僕だけだと思いますが、家長が醸し出す雰囲気は神々しささえ感じられ、外す姿が想像つきませんでした。

サンフレッチェ広島の結果に限らず、勝利を掴めば連覇が決まる状況。

しかし、悲劇が。。

93分、左サイドで囲まれた学のバックパスが相手DFの手に当たりますが審判は笛を吹かず、プレー続行、カウンターを受けます。

左サイドから中央に折り返されたボールがフリーの山村に渡り、シュートを打たれ、カバーに入った守田の足に当たってコースが変わり、無情にもゴール左隅に吸い込まれ失点。。。

1-2・・・

そして、試合終了。

ロスタイムの失点でまさかの敗戦、セレッソ大阪戦4連敗、リーグ戦も8試合ぶりの敗戦。

しかし・・・

サンフレッチェ広島が敗れたことにより、勝ち点差は残り2試合を残して7となり・・・

フロンターレの連覇が決まりました!!!!!

俺たちは強い!

試合終了後、広島の敗戦が決まり、連覇が決まった瞬間、選手たちは笑顔を見せませんでした。

同じ優勝にも関わらず、昨年の歓喜の瞬間と180度異なる光景が広がりました。

それだけ目の前の一試合にかけていたので、頭がすぐには切り替わらなかったんだと思います。

それでも、優勝が決まった瞬間はもっと喜んでよかったのではと今でも思います。

この一年間、首位広島と最大13差が開いた時もありましたが、一年を通して最も安定した戦いをして、勝利を収めたからこそ、連覇という最高の結果を手にすることが出来ました。

カップ戦を制していないことから、いまだにフロンターレは勝負弱いという言葉を聞くようになりましたが、リーグ戦の大事な試合ではしっかりと勝利を収めています。

連敗で迎えた柏レイソル戦はラルフ鈴木がロスタイムにゴールを決めて連敗ストップ!

まさかのホーム2連敗を喫し、気持ちを切り替えて臨むアウェイ柏レイソル戦。救世主は現れるのか? フロンターレサポのマッチレビューです。

広島との真夏の首位攻防戦では見事な逆転勝利!

2018年川崎フロンターレ J1第23節サンフレッチェ広島戦のマッチレビューです。 今シーズンの行方を左右する首位攻防戦、果たして結果は?

イニエスタが等々力のピッチに立った再注目神戸戦では、1-3からのゴールラッシュで5-3の逆転勝ち!

34本ものパスをつないで決めた逆転ゴールは今シーズンのベストゴールという声も上がっています!

2018年川崎フロンターレ J1第30節 ヴィッセル神戸戦のフロンターレサポーター視点でのマッチレビューです。 イニエスタが等々力で初めてプレーするこの試合、多くの報道陣やサッカーファンが詰めかけましたが、主役を奪ったのは今シーズン、苦労を重ねた齋藤学です!!

このセレッソ戦で勝利を収めて、選手全員が笑顔で歓喜の瞬間を迎えることはかないませんでしたが、一年間、苦しい時もその敗戦を糧にして、しっかりと勝利を重ねてきたフロンターレの軌跡は当たり前ですが称賛に価するものです。

チャンピオンとして臨むシーズン、対戦相手からのマークに加え、世間の目も厳しくなります。

チャンピオンチームが負けるだけで大きなニュースになり、カップ戦に敗れれば非難や中傷の声が上がります。

そんなチャンピオンチームの宿命を乗り越えて掴んだ連覇という偉業!

連覇を達成したチームとしては5チーム目、オリジナル10以外では初めての達成ということで、歴史に名を刻みました。

この試合は敗戦してしまいましたが、あえて言います。

俺たちは強い!

試合が終わり、その夜のテレビ出演では頭も切り替わって笑顔を見せていた選手達、

もっともっと喜んでください!

そう思いながら見ていました。

シーズンの総括をしようかと思いましたが、まだ試合は残っています。

残り2試合、しっかりと勝利を収めて有終の美を飾ってほしいです。

そして、シーズン終了後、ゆっくりと、改めて、一年を振り返ってみようと思います!

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村