【中2日 対 中6日を越えて行け!】2018年川崎フロンターレ J1第28節 V・ファーレン長崎戦 プレビュー

このブログにお立ち寄り頂きましてありがとうございます。

今回は2018年9月29日に行われる、J1第28節 V・ファーレン長崎戦のマッチプレビューです。

前節の湘南戦では絶好の決定機を2つ外して痛恨のドローでした。

2018年川崎フロンターレ J1第18節 湘南ベルマーレ戦のマッチレビューです。 激しい雨と強風が吹き荒れる、嵐の神奈川ダービーです。

それでも落ち込んでいる暇はなく試合はやってきます。

中2日 対 中6日を越えて行け!

この試合、フロンターレにとって悪条件を挙げたらキリがありません。

・湘南戦から中2日

・いくら同じ県内での試合といえども連続アウェイ戦

・怪我人は出なかったとはいえ嵐の中での試合後で通常よりも疲労が残っている

・長崎は中6日で休養充分

・フロンターレ対策の為だけに1週間を使うことができて対策充分

・長崎にとってはホームゲームであることから、移動を考慮する必要もないetc

ただ、この悪条件を超えてこそ、連覇という頂きに到達できるのではないでしょうか。

戦術面で考えた場合、ここ最近フロンターレは3バックの相手に点が取れていません。

第25節 ガンバ大阪戦  0ー2

前節  湘南ベルマーレ戦  0ー0

ただ、湘南戦では絶好機を作ることが出来ていたのでそこまで考える必要はないかと思いますが、そうは言ってもドン引きされてスペースを消してくることが予想されます。

こう言った展開ではミドルシュートやセットプレーで得点が取れると楽になるのですが、ここ最近では名古屋戦の阿部ちゃんのミドルシュート以外思い出せません。

最近気になるのが、ミドルシュートの精度の低さ、とりわけ枠を外れる場面が目立つことです。

憲剛や僚太がPA外からミドルを枠内に飛ばすだけで相手にとっては脅威になり、ディフェンスが前かがりになってスペースが生まれます。

今回の試合ではミドルシュートの精度に注目です。

V・ファーレン長崎とはホーム等々力で7月に試合を行なっていて、小林悠のゴールで1ー0で勝っています。

2018年川崎フロンターレ J1第17節V・ファーレン長崎戦のマッチレビューです。 大卒ルーキーでスタメンを勝ち取った守田が躍動します!

この試合終始フロンターレペースであったとはいえ、危ない場面もありました。

長崎は現在2連勝中、前々節は好調名古屋の連勝をストップしています。

現在最下位チームという感覚は捨てて試合に臨まなければなりません。

ちなみにV・ファーレン長崎は以前に調べた過去4年間の平均順位が現在のJ1チームの中では最下位でした。

Jリーグに加盟している全チームの2014年〜2017年、4年間の平均順位をランキング形式でお伝えします。今回は第2弾、40位〜21位までの発表です。

昨シーズン大きく飛躍したライジングチーム、V・ファーレン長崎、チームを町全体で応援し、チームも地域活性化に貢献しているその雰囲気はどことなくフロンターレに似ている気がするのは僕だけでしょうか。

願わくば、来シーズンもJ1の舞台でともに切磋琢磨したいと考えています。

メンバー予想

では、恒例のメンバー予想です!

中2日なので、非常に読みづらいですが、自分を信じてがんばります!

スタメン

GK ソンリョン

DF エウシーニョ  奈良ちゃん  彰吾  車屋

DMF  僚太  下田

MF  ラルフ鈴木  家長  阿部

FW  小林悠

憲剛を下げて、雨のピッチでも動じない強さがあるラルフ鈴木をスタメンで使うと予想します。

前回のマッチレビューで触れましたが、中村憲剛は素晴らしいプレーを続けています。

ただ、前節フル出場、中2日ということを考慮すると、鬼さんはこの試合はベンチスタートを選択するのではないでしょうか。

サブ

GK安藤

DF舞行龍  登里

MF田中碧  憲剛  齋藤学

FW知念

憲剛とラルフ鈴木を入れ替える以外は前節と同じメンバーだと思います。

出場機会が巡ってくると思われる知念、前節の悔しさをここで晴らしてほしいと思います。

中2日 対 中6日という厳しい条件ですが、この試合は連覇を達成する為の試練です。

この試練を超えていきましょう!!

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村