【成長率は守田1000%!】2018年川崎フロンターレ J1第24節 ベガルタ仙台戦 プレビュー

このブログにお立ち寄り頂きましてありがとうございます。

今回は2018年8月25日に行われる、J1第24節 ベガルタ仙台戦のマッチプレビューです。

リーグ戦では前節広島との首位攻防戦を制して1試合少ない状況で勝ち点6差、天皇杯ではリーグ戦のメンバーを全員入れ替えて臨み、見事な逆転勝利でベスト8、フロンターレ、乗っています!

2018年川崎フロンターレ J1第23節サンフレッチェ広島戦のマッチレビューです。 今シーズンの行方を左右する首位攻防戦、果たして結果は?
2018年川崎フロンターレ 天皇杯4回戦 湘南ベルマーレ戦のマッチレビューです。 スタメン全員を入れ替えて臨んだこの試合、齋藤学が輝いてくれました!

ベガルタ仙台

両チームの対戦時のスタジアムでは緩衝材を置かないでいられるという、世界的に見ても非常に珍しい、素晴らしい関係を築いている盟友ベガルタ仙台ですが、現在公式戦4連勝と好調です。

出来ればそんな相手と戦いたくないですね。

でも、好調な相手にしっかりと勝ち切ることが出来ればさらにチームは乗ってくるはず!

相手にとって不足なしです!

気をつけなければいけない選手は今年ブレイクした高卒4年目のヤングスター、西村拓真です。

現在リーグ戦で小林悠と同じ11ゴールを挙げています。

正直、あまりよく知らないので調べてみると、昨年のルヴァン杯のニューヒーロー賞に選ばれていました。

そして、気分転換の趣味は全くなく、サッカーのみと向き合っている、と答えている記事を見つけました。

そういうストイックな選手は応援したくなります!

西村選手に興味が湧いたので、これから少し追いかけてみようと思います!

ただ、フロンターレ戦は活躍しないでください 笑

ベガルタ仙台との対戦で思い出されるのが昨年10月14日にホームで行われた試合です。

昨年のJ1リーグで最もドラマチックな一戦だと言っても過言ではない試合でした。

前半42分に家長が2枚のイエローカードをもらい退場、10人の状態で2点ビハインドから3点を奪って奇跡の逆転勝利!!

今年もそんなドラマチックな展開の中、勝利を収めてくれると最高です!

ちなみに我が家はその試合、天気もあまり良くなかったこともあり、0-2の状態で会場から出てしまうという愚行を犯してしまいました。。。

スタジアムを出た後に沸き起こる歓声・・・

自業自得ではありますが、ある意味、あの試合で一番悔しい思いをしたフロンターレサポーターだと思っています。。

あの日以来、何があっても試合は必ず最後まで見ることを家族で誓いました。

メンバー予想

では、恒例のメンバー予想です!

リーグ戦はある程度読みやすいのですが、天皇杯の結果を考慮して、サブメンバーに動きがあると予想します!

スタメン

GK ソンリョン
DF エウシーニョ 彰吾 車屋 登里
DMF 僚太 守田
MF 家長 憲剛 阿部
FW 小林悠

スタメンはリーグ戦5試合連続で同じメンバーになると思います。

前節の天皇杯では僚太と守田、ノボリが途中出場しましたが、残りのメンバーは温存出来ましたので、ある程度の疲労回復は出来ているのは大きいですね!

サブ

GK章太
DF奈良
MF田坂 ラルフ鈴木 齋藤学
FW知念 赤崎

奈良ちゃんが舞行龍に代わってメンバー入り、そして、天皇杯で45分でピッチを退くことになった武岡が外れて、代わりに良い動きをしていた赤崎が入るのではないでしょうか。

個人的には、天皇杯で念願の初ゴールを決めた学の2試合連続ゴールに期待です!!!

成長率は守田1000%!

天皇杯の逆転勝ちの影の立役者、後半からピッチに入ってチームに落ち着きをもたらせた守田英正に注目です。

守田についてはこのブログでも何度か取り上げていますが、常に成長し、新しい可能性を見せてくれるので、その時に書いた記事が遠い過去の記事のようになってしまいます。

今年最初の公式戦はセレッソ大阪とのゼロックススーパーカップ!フロンターレサポの立場でマッチレビューを書きます。
2018年川崎フロンターレ J1第17節V・ファーレン長崎戦のマッチレビューです。 大卒ルーキーでスタメンを勝ち取った守田が躍動します!

元々ディフェンス力が優れた選手という前評判通り、中盤でのボール回収力は驚異的ですが、最近では攻撃でも存在価値を高めています。

ワールドカップの中断明けから、時に日本最高のリンクマンといえる大島僚太と見間違えるほど、見事な動きとパスで攻撃をつなぐ回数が増えてきました。

そしてここ最近では中村憲剛を彷彿とさせる一撃必殺のスルーパスを繰り出すようになりました!

マリノス戦での先制点の起点となったスルーパスや、天皇杯湘南戦で赤崎に中盤から通したダイレクトスルーパスなどはまさに守田の進化を裏付ける素晴らしいプレーです!

2018年川崎フロンターレ J1第20節横浜F・マリノス戦のマッチレビューです。 前節、多くの決定機を外し、敗戦の責任を負った小林悠が、リベンジを果たす為に闘志を燃やします!

大島僚太、中村憲剛という偉大な先輩プレーヤーの長所を吸収して、驚異的なスピードで成長する守田英正!

もしかしたら、これからの日本代表の中盤の要に君臨するのはこの男かもしれません。

真夏の5連戦の最終戦となるこの試合、我が家は現地観戦予定です!

頑張って応援して、選手の後押しをしてきます!!

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村