【前田大然!ライジングスターはチームの為に走り切る!】2018年松本山雅 J2第27節 ジェフユナイテッド市原・千葉戦 マッチレビュー

このブログにお立ち寄り頂きましてありがとうございます。

前回、初めて松本山雅のマッチレビューを書かせて頂きましたが、多くの方に読んで頂き、本当にありがとうございました。

まだまだ知識不足で恐縮ですが、今回もマッチレビューを書かせて頂きます。

今回は船山貴之、工藤浩平という、松本山雅の10番をつけてきた選手達が所属するジェフユナイテッド市原・千葉との一戦です。

ここフクアリは昨年の対戦で1-5の大敗を喫した因縁の場所ですが、現在リーグ戦7試合負けなし、3連勝中でJ2首位に走る勢いそのままに昨年のリベンジを果たしてほしいです!!

メンバー

スタメンとサブメンバーです。

スタメン

GK 守田
DF 浦田 飯田 橋内
MF 岩間 藤田 中美 石原 岩上
FW 前田 永井

リザーブ

村山 田中 當間 下川 岡本 山本 高崎

前節、殊勲のゴールを決めたセルジーニョがメンバー外、交代時に足を気にしていたので怪我でしょうか?

また、高崎に代えて永井をスタメンで起用、フォワードのスタメン争いは熾烈です。

そして、U-21日本代表に選ばれた前田大然、彼のプレーを見たいと思わせてくれる魅力的な選手です!

この試合でもオンリーワンの武器である自慢のスピードで何を起こしてくれるのか、非常に楽しみです!

試合結果

前半

千葉がボールを持って試合を動かしますが、山雅が粘り強く、ひたむきに守備に取り組む試合展開。

この状況は両チームとも予想通りだと思います。

この想定内の試合展開は想定外の出来事によって大きく動きます。

39分、千葉FWラリベイを狙ったクロスに対して、ラリベイをマークしていた岩上の手が当たってハンドの判定。
PKを与えてしまいます。

これを船山に決められ失点。0-1。。

しかし、すぐに山雅の反撃!

45分、ハンドを与えてしまった岩上が自陣右サイドから前線へフィードパスを送り、前田大然を走らせます!

千葉DF近藤が体を当てて防ごうとしますが、その予測を上回るスピードで近藤の前に抜けます!

体を当てに行って交わされた近藤は転倒、前田大然はフリーとなり、キーパーと1対1、落ち着いて左足を振り抜きゴール!!

山雅同点!!!

前田大然の魅力が詰まった素晴らしいゴールです!!

前半終了間際で追いつき、1-1!!

この前田大然の同点ゴールは大きかった!!

後半

前半と変わらず、千葉の攻撃を松本が耐える展開。

きっちり耐えた山雅にチャンスが!!

左サイドから石原が入れたグラウンダーのクロスは佐藤勇に当たり、逆サイドの右サイドにいた岩上にピッタリと合います!

前が空いていることを確認して、岩上は右足を振り抜き強烈なシュート!!

これがGKの頭上を抜いて見事にゴール!!

逆転!!!2-1!!!

自身のハンドで先制点を与えてしまった男が、同点弾を演出し、そして、自らの足で勝ち越しゴールを奪ってくれました!

60分、前田大然が抜け出し、ゴール前からマイナスのボールを中美に送ります!

絶好のシュートチャンス、しかし、中美はうまく合わせられず、ボールはゴール前にこぼれます。

そのこぼれ球を拾った岩間が見事なループシュート!!
松本追加点!!1-3!!!

松本山雅というチームの攻撃に切り替わった時の圧力、スピードは見とれてしまう凄まじさがあります!

70分、中美がゴール前にダイレクトで合わせようとしますが、また、うまく合わず・・・

山雅初心者で申し訳ないですが、中美選手のイメージがゴール前でやらかしてしまう人になってしまいました。

早く、そのイメージを払拭する素晴らしいシュートが見たいです!

78分、その中美に代わって山本がピッチに。

対する千葉も指宿を入れて、ゴール前の圧力を強めます。

86分、永井に代えて高崎を投入。

粘り強く守っていた松本山雅ですが、90分、左からのクロスを指宿にヒールで合わせられて失点、3-2、一点差に詰め寄られてしまいます。

92分、岩上と交代で田中隼磨が登場、クローザーの役割を担います。

そして、試合終了!!

見事な逆転勝利で松本山雅はリーグ戦4連勝を飾りました!!

この試合を前田大然に注目して振り返ってみます。

前田大然、ライジングスターはチームの為に走り切る!

前回のブログで書きましたが、前田大然という選手はお金を払ってでも見たいと思わせてくれる、特別な才能を持った選手だと思います。

2018年松本山雅 J2第26節 ヴァンフォーレ甲府戦のマッチレビューです。 J2首位に立つ松本山雅のマッチレビューを初めて書かせて頂きます。

昨年、水戸で36試合に出場し、13得点を挙げてブレイク、一躍その名が日本サッカー界に知れ渡りました。

僕も彼を知ったのは昨年で、ハイライトで見ても伝わる抜群のスピードに目を奪われました。

松本山雅が保有権を持っているのは知っていましたが、冬の移籍市場で、きっとJ1のチームに行くのだろうな、と思っていました。

しかし、山雅に戻るというニュースを見たときには少し驚くと同時に、

日本サッカーファンが注目するヤングスターが松本山雅でプレーする!

松本に単身赴任をする身として、とても嬉しくなりました!

必ずアルウィンで前田大然を見る!

これが今シーズンの目標の一つになりました!
(まだ実現出来ていないので、早く実現出来るように頑張ります!)

この試合で奪った貴重な同点弾は前田大然のオンリーワンの武器である驚異のスピードで取ったゴールです!

ディフェンスの予測を上回るスピードでディフェンスのチャージを前に抜けてかわす!

あまりにたまらないプレーなので、ハイライトで10回は見ました 笑

ここ最近、山雅の試合を見て、前田大然のプレーを見て素晴らしいと思ったのが彼のスピードのベクトルは攻撃だけではなく、しっかりと後ろにも向いていることです。

前節の甲府戦と千葉戦、松本山雅のボール支配率は40%を切っています。

相手にある程度ボールを与えてしっかり守りきるという作戦は理解できますが、相手のリアクションに合わせて対応するというのは、必要以上に疲労が溜まり、夏場は尚更です。

そんな中、前田大然のディフェンスにおけるプレッシングはチームを助け、不思議な表現をしますが、守備に勢いを与えてくれる貴重なプレーです。

あのスピードでプレスをかけられたら、さすがに相手は思考回路を遮断されてしまいます。

そのディフェンスでのスプリントがたまにではなく、試合を通して行われ、最も苦しい試合終盤でも一生懸命相手に向かっていく姿には感動を覚えます。

松本山雅のライジングスターは自身のエゴのために走るのではなく、チームの為に走りきることができます。

もしかしたら、前田大然の最大の特徴はその献身性なのかもしれません。

今回、アジア大会に出場するU-21日本代表に選ばれました。

8/11のカマタマーレ讃岐戦に出場した後、最大で3試合を欠場する可能性があります。

松本山雅にとっては非常に痛いですが、日本を代表して戦うという経験をして、成長して帰って来てくれることを期待したいです!

この試合、僕は川崎で家族とともにDAZNで観戦していたのですが、5歳の娘はフロンターレではないチームの試合を見ていることを不思議がり、さらに山雅がゴールを決める度に叫んで喜んでいる僕の姿を見て、驚いていました 笑

自分でも気づかないうちに、山雅ファンになっていっているようです!

次節のカマタマーレ讃岐戦もしっかり応援します!

にほんブログ村 サッカーブログ 松本山雅FCへ
にほんブログ村