【回収率も守田100%!?】 2018年川崎フロンターレ J1第17節V・ファーレン長崎戦 マッチレビュー

このブログにお立ち寄り頂きましてありがとうございます。

今回はJ1第17節V・ファーレン長崎戦のマッチレビューです!

ワールドカップの中断明け最初のホーム等々力!

V・ファーレン長崎が等々力に来るのはきっと初めてですね。
ようこそ、等々力へ!

ただ、日曜日のナイトゲームということもあって、二階のアウェイ席が非常に狭く、2.5区画のみ、通路は3列のみでした。

それでも今のフロンターレの試合は完売してしまうので、すごい人気だなと改めて感じます。

現地観戦

家族と一緒に現地観戦をしましたが、久しぶりの等々力はやっぱり良いですね!

非日常な空間であるにもかかわらず、何故か帰ってきた気分にさせてくれる等々力競技場でのホームゲーム、最高です!

この日の我が家の試合前の目的は、募金活動に参加する齋藤学に会いに行くことです。

この日も残念ながらベンチ外となってしまった学、怪我ではないと思うので、心底悔しい気持ちがあると思います。

それでも、いま出来ること、募金活動をしっかりとやっていました。

素晴らしいなって思ったのが、必ず相手の目を見て握手するところです。

学の誠実な人柄が伝わってきました。

無事に募金を終えて学と握手が出来て、奥さんと娘は大喜び!

ちなみに5歳の娘が募金をしたときに、

「応援してます!」

と学に伝えたところ、

「ありがとう!」

としっかり返してくれたと喜んでました!

学がピッチで躍動してくれる日を楽しみにしてます!

スタメン

先日の札幌戦のプレビューでベンチメンバーを書き忘れてしまった反省を生かして、この試合のプレビューではしっかりと書きました!

2018年川崎フロンターレ J1第17節 V・ファーレン長崎戦のマッチプレビューです。 前節の札幌戦で素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた家長に注目です!

それでは予想スタメンとの答え合わせです。

GK ソンリョン
(予想 ソンリョン)

DF エウシーニョ 奈良ちゃん 彰吾 車屋
(予想 エウシーニョ 奈良ちゃん 彰吾 車屋)

DMF 僚太 守田
(予想 僚太 守田)

MF 家長 憲剛 阿部ちゃん
(予想 家長 憲剛 阿部ちゃん)

FW 悠
(予想 小林悠)

サブ
章太 武岡 ノボリ 下田 ラルフ鈴木 長谷川 知念
(予想
章太 舞行龍 ノボリ 下田 ラルフ鈴木 長谷川 知念)

スタメン的中率 11/11 100%
サブ的中率 6/7 86%
メンバー入り的中率 17/18 94%

スタメンは前節と同じと予想し、全員的中!
サブも同じで前節から変更なしと思ってましたが、舞行龍と武岡が入れ替わったので、ここだけ外してしまいました。

結果としては全体で94%、過去最高の的中率です!

試合結果

この試合、とにかく暑くて湿度が高い、選手達の体調が心配になるような天候でした。

後でわかったのですが、32度もあったようです。

トップ画像のように、等々力が燃えていました。

座っていても汗が止まらない、過酷な環境の中、試合はフロンターレペースで進みます!

14分、ゴール前に抜け出した小林悠がヒールで中央に折り返し、阿部ちゃんがシュート!
キーパーに弾かれたボールを悠が拾い、もう一度中央に折り返しますがクリアされてしまいます。

15分、右コーナーキックからの流れから悠がターンでディフェンスを交わして中央にクロス、谷口が合わせますがゴールを外れて得点ならず。

小林悠の動きの良さが目立ちます!

さらに前節のプレビューで注目した家長もさすがの動き、強靭な身体をうまく使ってのキープは達人の域ではないでしょうか。

その後も、攻めてボールを保持し続けますが得点が奪えず。

前半終了。

試合は支配していますので、とにかく得点が必要です。

そしてこの試合は市制記念試合、ほぼ毎年、西城秀樹さんがハーフタイムでYMCAショーを披露してくれる試合です。

西城秀樹さんは他界されましたが、今年もしっかりとYMCAショーが行われ、等々力全体がYMCAで一つになりました!

さて、後半です。

52分、右サイドに流れた小林悠がペナルティエリア内に入ってきた憲剛へパス、憲剛は角度が厳しい中、意表を突いてダイレクトでシュート!!
キーパーに防がれますが良い攻撃!

54分、長崎も反撃、右サイドから田上のファーサイドへのクロスがエウソンの頭を越えて、逆サイドの翁長へ渡りダイレクトで強烈なシュートを放たれます。
シュートは左にそれて失点は免れましたが、非常に危ない場面でした。

67分、憲剛がまた魅せてくれます!
中央で募金を保持すると、うまく抜け出した小林悠へ必殺のスルーパス!キーパーと1対1!
右足で放ったシュートはキーパー正面でセーブされますが、弾かれたボールが悠の前に、今度は左足で強烈なシュート!
これがゴールに突き刺さり、ついに得点!!!
1-0!!
これで小林悠は前節に引き続いて2試合連続弾!!

夏男が大好きな季節に調子を上げてきました!!

68分、自陣寄りの中盤で僚太にボールが入るとダイレクトで、しかも逆足の左足で一気に前線の小林悠に浮き玉のスルーパス!!
そのままドリブルで持ち込んでシュートまで行きますがディフェンスにブロックされて得点ならず。

あそこまで悠の動きを見れて、しかも完璧なタイミングで、逆足で完璧なパスを出した、僚太のこのプレー、凄すぎます!!!

その僚太ですが、72分、ゴール前でキーパーと1対1になりますが、中央に走り込んだ小林悠へパスを選択。。
そのパスは走りこんできた相手DFのクリアにあって得点ならず。。

選手交代は順番こそ違いますが前節と同じ。

74分、阿部ちゃん→ラルフ鈴木
85分、憲剛→ノボリ
90分、悠→知念

試合終盤、長崎の攻勢を受けますが、何とか耐え抜き試合終了!!

1-0!!

リーグ戦4連勝!公式戦6連勝!!

フロンターレ、乗ってきました!!!

この試合を2つのポイントで振り返ってみます。

①回収率も守田100%!?

②悲しい選択

①回収率も守田100%!?

この試合、守田の動きが光っていたと思います。

とりわけ相手からボールを取り切って、相手の攻撃を遮断し、攻撃に繋げるシーンが多々見受けられました。

※カブレラからはインスタで厳しい指摘を受けていましたが・・・

今年最初の公式戦、ゼロックススーパーカップのマッチレビューで守田の可能性について書きましたが、大卒ルーキーながら半年も経たないうちに、結果としてエドゥアルド・ネットを追い出し、昨年のチャンピオンチームで今年もJ1で3位につけるチームのスタメンすらもしっかりと取り切ってしまいました。

今年最初の公式戦はセレッソ大阪とのゼロックススーパーカップ!フロンターレサポの立場でマッチレビューを書きます。

ネットのような好不調な波が少なく、攻守両面で安定したプレーが約束され、さらに驚異のボール回収力というオンリーワンの武器もある、これで更に攻撃面で今まで以上に効果的な動きが出来るようになれば、日本代表に選ばれる可能性は充分にあると思います!

最初のキャンプでアキラ100%に扮して話題をさらった姿が遠い昔に思えるほど、プレーヤーとしての守田は日進月歩で進化を遂げています。

サポーターとして、この選手かどこまで行くのか、興味深く見守りたいと思います!

②悲しい選択

この試合、ある選手のあるプレーを見て、とても悲しい気持ちになりました。

その選手はこの1カ月間で最も悔しい思いをした日本人サッカー選手だと思っています。

その選手は大きな悔しさを糧によりレベルアップするはずです、絶対にするはずです。

その選手はいつもそうでしたが、自分に足りないスキルがあれば、そのスキルを必死になって高めようと努力します。

日本代表監督が「デュエル」の向上を声高に求めれば、ひたむきに努力して、最もデュエルが向上した選手と称えられるほど成長しました。

その選手は日本最高のリンクマンです。それは誰もが認めるところです。

ただ、そこから更に殻を破って成長するためには、より結果が求められるプレー、数字に直結するプレーのクオリティを上げる必要があります。

断言します、それが出来るだけのスキルは持ち合わせています!

足りないのは意識だけ、それだけ!
意識が変わるだけで、より怖い選手になりえます!!

その選手は大島僚太です。
あるプレーは72分、ゴール前でキーパーと1対1にも関わらずパスを選択したことです。

僚太としては小林悠がフリーに見えて、自分が打つよりも確率は上がる、そう考えてのプレーだということは充分理解出来ます。

ただ、あそこは絶対に打つべきです!

ワールドカップで試合に出れなかった悔しさとの決別、より凄みの選手になるんだという意思表示、何より自分がやるんだという強い思い、その全てを見せつける上でもあそこはシュートを打つべき、いや、打って決めるべきシーンです!!!

僚太の意識がまだ整理されていないのかもしれませんが、ここで僚太がパスを選択したことに悲しい気持ちになりました。

僚太が日本代表の中心選手になる為にも、ここでの意識改革は非常に重要です!

このミスを反省し、次の試合で更なる高みへ挑戦する僚太を見たいと心から思います!

次節は1週間空いて湘南ベルマーレとのアウェイ戦です!

連勝街道を伸ばせるように、僕も精一杯応援します!

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村