【Every one Hero!!】 2018年川崎フロンターレ J1第16節北海道コンサドーレ札幌 マッチレビュー

このブログにお立ち寄り頂きましてありがとうございます。

今回はJ1第16節北海道コンサドーレ札幌のマッチレビューです!

いよいよJ1リーグが再開!
フロンターレがある日常が戻ってきました!
首位サンフレッチェ広島とは勝ち点10、残り試合はまだ19試合ありますので、充分チャンスはあります!
連覇に向けた後半戦が始まります!

スタメン

やってしまいました。。

前回のブログでこの試合のプレビュー書きましたが、サブメンバーの予想を書き忘れてしまいました。。。

その為、最近恒例にしていた予想スタメンとの答え合わせはスタメンだけになってしまいます。

GK ソンリョン
DF エウシーニョ 彰吾 奈良ちゃん 車屋
DMF 僚太 守田
MF 家長 憲剛 阿部ちゃん
FW 悠

スタメン予想は100%的中!
今回は読みやすかったので、順当な結果ですが、それでも100満点は嬉しいですね!

サブ 章太 舞行龍 ノボリ 下田 ラルフ鈴木 長谷川 知念

前回の天皇杯3回戦での査定結果が如実に表れた、興味深いメンバーです。

後ほど改めて考えてみたいと思います。

試合結果

さて、J1再開!

フロンターレペースで試合が進みます。

自分達でボールを握り、チームで連動して仕掛けるフロンターレらしいサッカーを展開、さらにこの試合で目立ったのが、相手ボールになってもプレスをかけてボールをすぐに回収するシーンが何度もありました。

これぞまさにフロンターレのサッカー!

そういえる素晴らしい内容で試合が進みます。

21分、憲剛の意表を突いたミドルシュート、惜しくも外れます。

23分、憲剛がワントラップから振り向きざまに背後にはしる悠へ完璧なスルーパス!
小林悠が抜け出してキーパーと1対1、左足でシュート!しかし、ク・ソンユンの見事なセーブで得点ならず。

憲剛らしいパーフェクトなスルーパス!
このプレーだけでご飯をおかわりできます!!

29分、僚太のスルーパス!
通りませんでしたが、素晴らしいチャレンジ!
ワールドカップの柴崎のプレーに触発されたと考えるのは早計でしょうか。

そして41分、エウシーニョがドリブルで相手ゴールに迫ります。
パスを想定するディフェンスの逆を突いてどんどんドリブルで進み、左足でシュート!
相手GK ク・ソンユンがファンブルしてゴールイン!!先制!!1-0!!!
ク・ソンユンの完全なミスではありますが、エウソンにとって、ようやく今シーズン初ゴール!

この試合、好調なチームの中で、唯一パスミスやボールロストが多かったエウシーニョですが、いきなりゴールという結果を見せてくれました!

エウソンは今シーズンここまで不調でした。
このゴールがキッカケで昨年のような活躍を見せてくれると嬉しいです!

そして前半終了。見事な前半でした!

コンサドーレとしてはここまでボールを支配された試合は今シーズン初めてではないでしょうか?

後半に入ってもフロンターレペースの勢いは止まりません。

50分、相手サイドでのボール奪取からの流れで家長からのスルーパスに抜け出した小林悠がまたもキーパーと1対1でシュート!
しかし、枠を外します。。

悠、決めてくれ!!

その想いが通じたのか、直後の52分、守田からのスルーパスをゴール左手前で小林悠が受けるも相手DF5人に囲まれます。
しかし、一度切り返して右足でシュート!!
これがゴール右隅に決まりゴール!!!2-0!!!

簡単な1対1を外して難しいシュートを決めてくれました 笑

エースの見事なゴールでコンサドーレを突き放します!

コンサドーレも反撃を見せます!

71分、福森がインターセプトからゴール前へ駆け上がり、ゴール前に正確なクラス、ジェイが頭で完璧に合わせます、が、キーパー正面、失点を覚悟しました。。

その直後、フロンターレは家長がゴール前でボールをキープ、対面のディフェンダーを交わして左足で狙いすましたコントロールシュート!
しかし、ク・ソンユンの見事なセーブでゴールならず。

ここからフロンターレは交代のカードを切ります。

77分、憲剛に代えてノボリを投入
81分、阿部ちゃんに代えてハセタツではなくラルフをピッチに、正直、この采配は驚きました。

高さで上回る札幌のパワープレーに備えてハセタツよりも上背があるラルフ鈴木を入れたのか、それくらいしか理由が浮かびません。

93分、悠に代えて知念投入、交代枠を使い切りました。

その直後、ゴール前でシュートブロックにいった奈良ちゃんがハンドを取られます。

直接フリーキックのキッカーは福森、フロンターレでは中々出場機会を得られなかった福森ですが、札幌では中心選手として活躍し、キャプテンマークを巻いてました。
その福森は低い弾道で直接ゴールを狙います。
ソンリョンが弾きますが、これまたフロンターレ出身の都倉が詰めてゴール、失点、2-1。

実にもったいない失点です。。

ロスタイムは残りわずか、知念の必死のチェイシングてフロンターレゴールまで札幌はボールを運べず、ホイッスル、試合終了!

最後の失点は不要でしたが、完璧に近い内容で見事に勝利!!

再開初戦のアウェイ戦で見事勝ち点3をゲットしました!

この試合を2つのポイントで振り返ってみます。

①Every one Hero!!

②無常な査定結果

①Every one Hero!!

前回のプレビューで書いた僚太と悠に焦点を絞って書こうかと思ったのですが、この試合、スタメン全員が素晴らしいパフォーマンスを見せてくれたので、一人ずつ振り返ってみようと思います。

今回は2018年川崎フロンターレ J1第16節北海道コンサドーレ札幌のマッチプレビューです。 失意のワールドカップを終えた大島僚太がどんなプレーを見せるのか、注目です!

ソンリョン

派手なビッグセーブはなかったのですが、ポジショニングが素晴らしく、ピンチの場面でもシュートを正面で抑えるシーンが目立ちました。

エウシーニョ

ようやく今季初ゴール!
1試合前の天皇杯水戸戦から、ゴール前でシュートを打てるシーンが増えてきました!
いよいよエウソンにもエンジンがかかってきたようです!

奈良ちゃん

最後のハンドはマイナスですが、試合を通じて見事なパフォーマンスでした!
自分より上背のある、都倉やジェイ相手に空中戦で引けを取らず、地上戦では得意の対人の強さでピンチの芽を摘んでいました。
奈良ちゃんはまだ24歳、これからステップアップして、日本代表に選ばれる可能性は充分あると感じました。

彰吾

奈良ちゃん同様、素晴らしいパフォーマンス!
プレーに安定感があり、見ていて安心出来ます。

車屋

心なしかプレーに落ち着きが出てきた印象で、この試合もほぼノーミスだったと思います。
今回は代表に落選しましたが、今日のようなプレーを続けていれば、またチャンスは巡ってくると思います。

僚太

注目して見ていましたが、心なしか、ゴール前に飛び出したり、手数をかけずに前線にチャレンジするようなスルーパスを狙う場面が増えたと思います。

この試合は1ヶ月振りの試合だったので、まだ様子見、僚太のプレーの変化を見極めるのはこれからですね!

守田

得意のボール回収力に加え、ボール回しの過程でも僚太に近い存在感を放つ場面が多々ありました。

ネットが残っていたとしても、間違いなく守田がスタメンで出ていたと思います。

守田は試合を重ねるごとに進化しているイメージがあります。
どこまで成長するのか、本当に楽しみな選手です!

家長

コンディションがめちゃくちゃ良かったです!
得意の体感を生かした家長の真骨頂といえるボールキープを随所で見せてくれたかと思うと、80分を過ぎてもトップスピードでカウンターで駆け上がり、何度も惜しいシュートを放ってました。
今のフロンターレで最も代えのきかない選手は家長だと思います!

憲剛

随所で効果的なプレーを見せてくれて、健在ぶりをアピールしてくれました。

試合結果でも書きましたが、23分のスルーパスは、オンリーワンのプレーです!!!

阿部ちゃん

前線のリンクマンとして非常に機能してました!
ボールをキープ出来て、うまくさばけて、攻守両面でハードワークが出来る、阿部ちゃんがフロンターレにとって必要な選手であることを再認識しました。

エースの仕事をきっちりと果たしてくれました!

スルーパスで抜け出すシーンが多かったことからも、コンディションは上がってきたと思います!

ただ、決定率をもう少し上げてほしいと思います!

この試合、3点は取れてました!

次に期待します!!

②無常な査定結果

スタメン組が躍動する中、水戸戦のマッチレビューで注目した4選手、舞行龍、森谷、学、下田の査定結果が無情なまでに出てしまいました。

ワールドカップ中断明け最初の公式戦、天皇杯3回戦、水戸ホーリーホック戦のマッチレビューです。 新戦力の発掘が裏テーマと思われるこの一戦、果たして結果は?

舞行龍

エドゥを差し置いてベンチ入り、相手がジェイや都倉といったビックマンを要する札幌だということを加味しても、水戸戦のパフォーマンスに一定の評価を得られたと思います。

残念ながら結果は不合格、ベンチ外となってしまいました。

我が家は齋藤学を応援しているので、この結果は悲しい限りです。。

キャンプを終えて怪我も癒えてきて、徐々にチームにも慣れてきたと思っていたのですが、鬼さんにとっては学ではなく、ハセタツやラルフの方が序列が上ということでしょうか。

当面、リーグ戦でのベンチ入りは難しいかもしれません。

ただ、チャンスは残っています。

それは8/22の天皇杯4回戦が、前の試合から中2日で行われ、次の試合も中2日でやってくるという過密日程で行われます。

ここでは間違いなくターンオーバーを行うと思いますので、チャンスは回ってくるはずです!

今では最も代えのきかない選手となった家長ですら、一年前は中々スタメンで試合に出れませんでした。

それでも鹿島アントラーズ戦で大活躍して、一気にスタメンを勝ち取りました!

学にもチャンスは巡ってきますので、そのチャンスを是が非でも掴み取って欲しいと思います!

森谷と下田

森谷ではなく下田がベンチに入ったことで、僚太と守田に何か起こった時は下田を使うというのが、鬼さんの決断だと思います。

水戸戦のパフォーマンスを見れば致し方ない結果だと思います。

夏場の連戦の中で一度下田を途中からでも使ってみて、感触を確かめて欲しいと思っています。

さて、次節はホーム等々力での長崎戦!
我が家も参戦予定です!!
久しぶりの等々力での試合が楽しみです!!

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村