Jリーグ全チーム2014年〜17年 平均順位ランキング 【58位〜41位】

このブログにお立ち寄り頂きましてありがとうございます。

川崎フロンターレのサポーターになってから9年目ですが、

Jリーグでコンスタントに毎年成績を残しているチームはどこだろう?

と、ふと思いました。

もしかしたらフロンターレかも!!

そんな淡い期待を抱きながら調べてみましたが、自分が求める情報を得ることが出来なかったので、自分で一から調べて作ってみようと思い至りました。

そこで、今回はJリーグに加盟しているJ1、J2、J3全チームの2014年〜2017年、4年間の平均順位を調べた結果を書いていきます。

期間を2014年〜2017年に設定した理由はJ3が発足したのが2014年からなので、今と同じリーグ編成になった年から集計しようと決めました。

この期間にJリーグに加盟したチームはJ3に所属していたU-22選抜や、アンダーチームも含めると、最大で58チームです。

この58チームの順位を以下ルールに基づいて算出したポイント毎にランキング形式で3回に分けて書いていきます。

平均順位を記載しようとしたのですが、ポイントにした方が盛り上がるかな、と思ってそちらを採用しました。

ポイント算出方法

その年の参戦チーム数=最大ポイントとし、順位に応じてポイントを振り分けています。

例えば、2014年度は参戦チームが52チームなので、J1で1位のガンバ大阪は52ポイント、2位の浦和レッズは51ポイント、という形で順にポイントを振り分け、J3最下位のY.S.C.C横浜は1ポイントということになります。

未参戦のチーム、退会したチーム(JリーグU-22選抜が2016年シーズンから消滅)はその年のポイントは0にしました。

尚、順位についてはJリーグの公式順位を採用しています。

例えば、2014年のモンテディオ山形は公式記録では6位ですが、プレーオフを勝ち抜いてJ1に上がりました、ただ、ポイント上は2014年はJ2で6位=24ポイントにしています。

J1も同様で、2ステージ制を導入していた2015年、2016年も年間勝ち点ではなく、公式記録を採用しています。

2016年年間勝ち点1位は74で浦和レッズですが、最終順位はチャンピオンシップの結果で勝ち点59の鹿島となったので、ポイントでも鹿島がJ1で1位=56ポイント獲得としています。

さて、いよいよランキングの発表です!
今回は、58位〜41位までを発表します!!

58位〜51位

58位 Jリーグ U-22選抜

14年J3 10位 3ポイント 15年J3 12位 2ポイント
16年未参戦                   17年未参戦
合計5ポイント

J3発足と同時に、若手の出場機会を作るために、毎節毎にJ1、J2の各チームから登録された22歳以下の選手を招集して、U-22選抜としてチームを組みました。

2シーズンでその活動は終了となりましたが、個人的にはこういう、まずやってみよう、というJリーグの姿勢が結構好きです!

57位 Y.S.C.C 横浜

14年J3 12位 1ポイント 15年J3 13位 1ポイント
16年J3 16位 1ポイント 17年J3 14位 4ポイント
合計7ポイント

三年連続J3最下位でしたが、昨年、ついに抜け出せました。
ちなみに今シーズンは7月13日現在で7位につけてます。

55位セレッソ大阪U-23

14年未参戦                  15年未参戦
16年J3 12位 5ポイント 17年J3 13位 5ポイント
合計10ポイント

55位ガンバ大阪U-23

14年未参戦                15年未参戦
16年J3 9位 8ポイント 17年J3 16位 2ポイント
合計10ポイント

54位FC東京U-23

14年未参戦                  15年未参戦
16年J3 10位 7ポイント 17年J3 11位 7ポイント
合計14ポイント

同点でセレッソとガンバのユースチームが55位、続いてFC東京のユースが54位です。

ユースチームがJ3に参戦する、これは素晴らしいことだと思います。

やはり、若い年代で試合に出れる環境があることは重要です。

フロンターレも作ってみたらどうかなって無責任に考えてしまいます。

53位アスルクラロ沼津

14年未参戦 15年未参戦
16年未参戦 17年J3 3位 15ポイント
合計15ポイント

Jリーグに参戦したのは昨年で、今年は新規参入チームがなかったので、現時点で加盟年数が最も若いチームです。

参戦初年度でいきなり3位、そしてゴン中山が所属している、注目のチームです。

52位グルージャ盛岡

14年J3 5位 8ポイント 15年J3 11位 3ポイント
16年J3 13位 4ポイント 17年J3 15位 3ポイント
合計18ポイント

マスコットの「キヅール」が有名ですね。
選手を調べてみたら、宮市亮の弟、宮市剛が湘南からの期限付き移籍で所属していました。

51位ガイナーレ鳥取

14年J3 4位 9ポイント 15年J3 6位 8ポイント
16年J3 15位 2ポイント 17年J3 17位 1ポイント
合計20ポイント

代表取締役GMとして活躍している野人 岡野雅行が浮かびます。
どうでもいい話で申し訳ございませんが、僕にとって鳥取は運転免許合宿でいった思い出の地です。

50位〜46位

50位 福島ユナイテッドFC

14年J3 7位 6ポイント 15年J3 7位 7ポイント
16年J3 14位 3ポイント 17年J3 10位 8ポイント
合計24ポイント

申し訳ございません。
チームに対する知識がなかったので、初めてホームページを見てみると、田坂和昭が監督をやっていることに驚きました。
そして、クラブロゴがカッコいいです!

49位 鹿児島ユナイテッドFC

14年未参戦                  15年未参戦
16年J3 5位 12ポイント 17年J3 4位 14ポイント
合計26ポイント

重ね重ねで申し訳ございません。
チームに対する知見がほとんどなかったので、初めてホームページを閲覧させて頂きました。

キングカズのお兄さん、三浦泰年が監督をやっていることに驚き、写真を見て、老けたな〜って思ってしまいました。

鹿児島県内の2つのクラブが統合して、2014年からチームとして活動していることを知りました。

48位 藤枝MYFC

14年J3 11位 2ポイント 15年J3 10位 4ポイント
16年J3 7位 10ポイント 17年J3 7位 11ポイント
合計27ポイント

クラブマスコットの名前が、

「蹴っとばし小僧」

攻めてます!

47位 SC相模原

14年J3 6位 7ポイント 15年J3 4位 10ポイント
16年J3 11位 6ポイント 17年J3 12位 6ポイント
合計29ポイント

2008年に元日本代表選手、望月重良が中心となって設立されたチームです。

46位 FC琉球

14年J3 9位 4ポイント 15年J3 9位 5ポイント
16年J3 8位 9ポイント 17年J3 6位 12ポイント
合計30ポイント

毎年少しずつ順位を上げていて、今シーズンは7/13時点で首位に立っています。

45位〜41位

45位 ブラウブリッツ秋田

14年J3 8位 5ポイント 15年J3 8位 6ポイント
16年J3 4位 13ポイント 17年J3 1位 17ポイント
合計41ポイント

昨年のJ3チャンピオン!
J2のクラブライセンスを持っていないことから今年もJ3で戦っています。
尚、7/2にJ2ライセンスの申請を行ったことが発表されました。

44位 カターレ富山

14年J2 22位 13ポイント 15年J3 5位 9ポイント
16年J3 6位 11ポイント 17年J3 8位 10ポイント
合計43ポイント

このランキングで初めてJ2経験のあるチームの登場です。
14年にJ2から降格後、J3の戦いが続いています。

43位 AC長野パルセイロ

14年J3 2位 11ポイント 15年J3 3位 11ポイント
16年J3 3位 14ポイント 17年J3 5位 13ポイント
合計49ポイント

毎年J3の上位に入っているので、この4年間でJ3在籍のみのチームの中では最上位です。

42位 レノファ山口

14年未参戦                    15年J3 1位 13ポイント
16年J2 12位 27ポイント 17年J2 20位 20ポイント
合計60ポイント

J3参戦初年度でJ3優勝の快挙!
昨年はJ2で苦しい戦いが続きましたが、今シーズンから日本サッカー協会の技術委員長を務めた霜田正浩が就任すると、現在7/13時点で3位につけ、センセーションを巻き起こしています!

41位 栃木FC

14年J2 12位 23ポイント 15年J2 22位 14ポイント
16年J3 2位 15ポイント 17年J3 2位 16ポイント
合計68ポイント

15年にJ3へ降格しましたが、17年は2位で自動昇格!

今回のランキングはここまでです。

次回は40位〜21位までのランキングを発表しますので、楽しみにしてもらえたら嬉しいです!

※40位〜21位の発表はこちらです。

Jリーグに加盟している全チームの2014年〜2017年、4年間の平均順位をランキング形式でお伝えします。今回は第2弾、40位〜21位までの発表です。

※20位〜1位の発表はこちらです。

Jリーグに加盟している全チームの2014年〜2017年、4年間の平均順位をランキング形式でお伝えします。今回でラスト、20位〜1位までの発表です。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする