【圧巻 柴崎岳!ゲームを掌握!】日本代表ワールドカップ セネガル戦 マッチレビュー

おもちログにお立ち寄り頂きましてありがとうございます。

今回は、ロシアワールドカップ、日本代表グループステージ第2戦セネガル戦のマッチレビューです。

スタメン

GK 川島永嗣
RSB 酒井宏樹
CB 吉田麻也
CB 昌子源
LSB 長友佑都
DMF長谷部誠
DMF 柴崎岳
RMF 原口元気
OMF 香川真司
LMF 乾貴士
FW 大迫勇也

西野監督が試合前の公式会見で話していた通り、コロンビア戦と同じスタメンです。

勝ってるチームをいじりたくないということでしょう。

フロンターレサポとしてはこの試合も僚太がベンチスタートなので、少しテンションは下がってしまいました。。

前回のブログで書いたように、アフリカ勢の足が長いという特徴を逆手に取って、リオデジャネイロオリンピックのナイジェリア戦で躍動した大島僚太のスタメン抜擢を少しだけ期待していたので残念です。。

ワールドカップ日本代表、グループステージ第2戦、セネガル戦の予想スタメンです。 キーマンはアフリカ勢相手に実績を残している、日本のイニエスタ、大島僚太ではないでしょうか?

試合結果

いきなりセネガルのハイプレス、スピード、すごいです。。

7分、サールと長友のマッチアップ、1mほど離して構えているにも関わらず、ドリブルで抜かれてクロスを入れられます。

失点にはならなかったですが、あの間合いでも抜いてくるサール、要注意です。

11分、右サイドからのクロスを原口が頭でクリア、しかし、クリアが短くなり、ペナルティエリア左からサバリにシュートを打たれます。
低いボールを川島がパンチング、しかし、その弾いたボールがゴール前に詰めていたマネに当たりそのままゴール。。失点。。0-1。。。

原口のクリアミス、川島の選択ミス、ゴール前で致命的なミスが2つ起これば失点してしまいます。。

それにしても、川島の判断ミス。。
あの低いシュートをパンチングで弾きますか??

17分、大迫の見事なポストプレーから右に展開。
柴崎が裏に抜けた大迫に見事なフィードキック、だが合わず。

34分、柴崎が見事なサイドチェンジで抜け出した長友にパスが通ります。

長友が中央に切り込んで乾にボールを預けます。
ペナルティエリア左45度、得意な角度から右足を振り抜くと、ボールはゴール右隅に吸い込まれゴール!!!同点!!!1-1!!!

ワンチャンスをしっかりと決めきった日本!!

さあ、試合はここから!!

60分、原口から右サイドに流れた柴崎がダイレクトで中央に、大迫がフリーでゴール前に詰めますが、まさかの半端ない空振り。
絶好のチャンスを逃します。

64分、大迫のポストプレーから左サイドに抜けた乾がシュート!しかし、ボールはポストに弾かれます。

日本のチャンスが続いていましたが、71分、サバリがゴール前の見事な動きで中央折り返し、ニアンがサイドに軽く流すと、走り込んだワゲに強烈なシュートを叩き込まれ失点。。1-2。
この失点は相手を褒めるしかないですね。。

72分、日本はすぐに選手交代、香川に代えて本田を投入。
香川の動きは非常に良かったと思います。

抜群のアジリティでボールをキープしたり、気の利いたポジション取りはチームを助けてくれました。
ただ、アタッキングサードでボールを受けて入れば、もう少し香川の持ち味が発揮できたと思います。

75分、原口に代えて岡崎がピッチに入ります。
これまた前回のブログで書いたように、大迫に代えて岡崎という、全くタイプの違うFWを投入して、ギャップを狙うという戦術を西野監督は取りませんでした。。

この本田と岡崎投入が見事にハマります!!

78分、ペナルティエリア近くの右サイドでボールを持った大迫が左サイドに浮き玉を上げます。
キーパーに弾かれたボールを乾が拾い、ゴール前に折り返します。
すると中央に詰めていた岡崎がキーパーとDF2人を引きつけて倒れ込むと、その岡崎の近くを通ってボールは右サイドに詰めていた本田の元へ!
本田はダイレクトで打ち抜き、見事ゴール!!!
2ー2同点!!!
本田さん、あなた、持ってます!!!

その後、日本は最後の交代カードとして、87分に乾に代えて宇佐美を投入、元々スタメンとして考えられていた宇佐美、乾にポジションを奪われた男の意地を見せて欲しかったですが、残念ながらインパクトを残せず不発に終わります。

試合終了、2ー2同点。

強豪セネガル相手に2度追いつく価値ある勝ち点1!!

この試合、以下ポイントで振り返ります。

ポイント①帝王 柴崎!ゲームを掌握!
ポイント②やっぱり持ってる本田さん

ポイント①圧巻 柴崎岳!ゲームを掌握!

すいません、手のひら返します。

これまでフロンターレサポとして、大島僚太からポジションを奪った柴崎に対して、若干、否定的な見方をしていたように思います。

しかし、今日の柴崎のプレーを見て、彼の凄さを思う存分堪能しました。

先制点の場面、長友への見事なロングスルーパスを通して先制点の起点となりました。

この難しいパスを完璧に通したことで、彼のプレーが一気にギアチェンジします!

攻撃ではしっかりとボールを受け、的確に際どいパスをどんどん通していきます。

守備でも、何度もピンチの場面でボールを奪い切るシーンがありました。

攻撃は良いけど守備がイマイチ、そんな世間の評価を覆す素晴らしいディフェンス!
この試合を通して自信をつけていき、時間が経つにつれて成長していく姿が眩しく見えました。

はっきりいって長谷部はこの試合も不安定でした。
パスミスは何度もあり、守備でも効果的な動きが出来ていませんでした。
チームの精神的支柱である「キャプテン長谷部」でなければ、絶対にスタメンから外さないといけないレベルです。
そんな長谷部の不調までもカバーして攻守を掌握していく其の姿は「帝王」と呼んでも差し支えないほどの存在感を発揮していました。

そして60分、右サイドからダイレクトで中央に折り返したボールは大迫にドンピシャで合います。
大迫があり得ない空振りをしたせいでアシストにはなりませんでしたが、このパスは完璧でした。

もう一度書きます、手のひら返してすいません。

ただ、素晴らしい活躍をした選手は素直に讃えないといけません。

この試合、圧巻のパフォーマンスを見せた柴崎岳、この試合を境に日本の帝王として、ピッチに君臨し続けていくことになるのかもしれません。

正直、悔しい気持ちはありますが、この試合のパフォーマンスを見ると、彼を差し置いて僚太が試合に出る姿は想像出来なくなりました。。。

ポイント②やっぱり持ってる本田さん

本田圭佑、この選手、ある意味ほんとに絵になります。
そして持っています。

試合前までは本田への世間の風当たりは強く、彼への批判は後を絶たない状況でした。

以前のブログで書いたように、僕自身も本田のプレーに疑問を感じていました。

しかし、そんな批判を見事にかき消す同点ゴール!
ほんとに持っています!

ワールドカップ本戦に入ってからスーパーサブという立場で後半途中からゲームに入って決定的な仕事をしてくれています。

走らないことに批判的な声が上がりますが、そんなことは気にせず、しっかりとアシスト、ゴールという結果を残していく本田さん。

この2試合、戦術という枠を超えた彼の神通力がチームを救ってくれています。

ポーランド戦でもベンチスタートだと思いますが、途中からゲームに出場して、どんな素晴らしい絵を見せてくれるのか、期待します!

この試合を終えて勝ち点4、セネガルと並んで首位をキープした日本代表、グループリーグ最終戦は既に敗退が決定したポーランドとの試合です。

この勢いのまま、決勝トーナメント進出に向けて何としても結果を残して欲しいと願っています!

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする