【サッカー日本代表】日本代表の命運を握るのはJリーグ代表 大島僚太!ついに23人が決定!

おもちログにお立ち寄り頂きましてありがとうございます。

ついにワールドカップ日本代表23人が決定しました。
世間では様々な声が上がっていますが、ネガティブな声が大半を占めていると思います。
メンバー決定時の状況だけをみると、過去最も世間の風当たりが強い日本代表となってしまいました。

今回は、そんな日本代表メンバーについて考えてみました。

代表メンバー

GK 川島、東口、中村
DF 長友、槙野、吉田、酒井宏、酒井高、遠藤、昌子、植田
MF 長谷部、本田、乾、香川、山口、原口、宇佐美、柴崎、大島
FW 岡崎、大迫、武藤

総括

サプライズのない、妥当なメンバー選考になりましたが、僕としては23人目の選考に興味がありました。
フロンターレサポの立場としては、中村憲剛のサプライズ選出を期待していましたが、現実的な線として、植田ではなく井手口が最後に選ばれると思っていました。
その理由はガーナ戦もそうですが、ここ最近の代表での山口蛍のパフォーマンスがあまりにも悪過ぎた為です。

元々パスセンスに優れたボランチで無い事は分かっていますが、それを踏まえても、あまりにも精度が低く危険なパスが多く見受けられます。
ワールドカップのような舞台では一つのパスミスが命取りです。
確かに山口蛍のボール奪取能力は魅力的ですが、ここまで調子が悪いとなると、同じタイプの選手を保険で入れる=井手口をメンバーに入れると思っていましたが、西野監督はそうはしませんでした。
この事から推測されることは以下3点です。

・余程のことがない限り、僚太と柴崎のボランチコンビで本戦に臨むことを決断、山口蛍は守備固めの場面で限定的に起用される為、彼と同タイプである井手口の招集を見送った。

・イマイチ機能しなかった3バックを諦め、長谷部をボランチとして起用する。

・井手口のコンディションが悪く、彼を起用するよりは長谷部や遠藤で代用した方が良いと判断。

この答えは6/9に行われるスイスとの親善試合で見えてくると思うので、注目です。

日本の命運を握るのはJリーグ代表 大島僚太!

フロンターレサポの僕としては、フロンターレの選手が選ばれるかどうかで代表戦に対する興味が大きく変わってきます。
今回、僚太が選ばれてくれたので、世間とは反比例していつになく代表戦に対するモチベーションが上がってきてます 笑

今年2月に注目選手ということで僚太に関するブログを書きましたが、その時はワールドカップのメンバーに入れるかどうかは半信半疑のところがありました。

フロンターレに欠かすことの出来ない選手に成長した大島僚太。2018年シーズンでのさらなる飛躍に期待して、特集記事を書きました。

今回こうして無事にメンバー入り出来たことはとても嬉しいです。

今回の代表メンバーで海外移籍を経験していない選手というのは、東口、中村、遠藤、昌子、植田と僚太の6人で、その中でも、GK、DF以外では僚太のみです。
先日のガーナ戦、スタメンでプロキャリアがJリーグのみの選手は僚太ただ一人でした。
ヨーロッパを中心とした、海外の各クラブに在籍する選手が大半を占めるようになった日本代表で、Jリーグ経験のみの選手が監督からキーマンに指名され、日本代表の好守の要としてワールドカップ本大会を迎え、試合に出場する可能性が高まって来ました!

言ってみれば僚太はJリーグ代表です。
彼の活躍はJリーグの存在意義の証明に直結します。
まずは怪我に気をつけて、是非とも試合に出場して、活躍を期待しています。

先日のブログでも書きましたが、僚太が活躍する鍵はボールが彼に集まるかにかかっています。

2018年5月30日に行われたキリンカップガーナ戦のマッチレビューです。西野監督に交代後初の公式戦。果たして希望は見い出せるのか?

まだ代表でのキャリアも少ないことから、ガーナ戦の前半は彼にボールが集まらない場面が増えました。
しかし、前半に見せた良質なプレーが評価され、後半になるとボールが集まりだしました。
西野監督の評価も上がってきていることから、これから僚太を活用し、僚太経由で組み立てを行う共通認識が生まれるはずです。
そうすると僚太の特徴である出してさばいてリズムを作り、最適なタイミングで最適な選択肢を導きだすことが可能となります。
Jリーグしか経験していない選手がJリーグ代表としてワールドカップのピッチに立ち、日本の命運を握る。

ここで活躍すれば、サクセスストーリーとしては最高のシナリオです!
僚太の活躍を心から願ってます!!
ただ、怖いのは怪我ですね。。。
とにかく、とにかく、怪我だけには気をつけてほしいです。

3-6-1システムの鍵を握るのは香川真司

今回日本が本番で使う可能性が高い3-6-1。
ディフェンスの枚数を増やして守備に重点を置く為の戦術ですが、まだまだ未完成です。
開始早々、3バックとWBの間を通されピンチを招いたり、相手の動きに対して誰が対処するかも曖昧だったりと改善の余地はあります。

しかし、ただ守ってるだけでは勝てません。
どうやって点を取るかを考えた時、西野監督は香川に密かに期待し、この3-6-1も香川を活かすために導入したシステムではないかなと思っています。

香川が最も輝くポジションは真ん中です。
ゴール近くに入り込んでからパスを受け、密集したスペースを類稀なるトラップ技術と敏捷性でシュートチャンスを作って決める、それが香川真司です。
そんな香川にとって、今回の2シャドーのポジションというのは正に彼のために用意されたポジションでは無いでしょうか。
現にガーナ戦でも後半開始から試合に出場すると、2回シュートチャンスがありました。
2シャドーのポジションで出場した本田、宇佐美、岡崎と比べると、明らかに順応していたと思います。
(なので試合後の報道やSNSで香川に対する批判が多かったことにはおどろきました。)

ワールドカップという舞台では日本代表は弱小国の一つであり、そう何度もチャンスは訪れません。
そんな厳しい状況の中、自分が最も得意とするエリアでボールを受けられる確率が格段に増えるこのポジションで躍動する香川真司が日本を救う活躍をしてくれるのでは、と密かに期待しています。

次戦は6/9(土)日本時間2時に行われるスイスとの親善試合です。
3バックを継続するか、スタメンはどうなるか、興味は尽きません。
ここ5年間で最も日本代表に興味をもつという、世間と真逆の状態になっているので、次戦もしっかりと観戦しようと思っています!
ただ、2時に起きている自信がないので・・・録画します!

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする