【サッカー日本代表】W杯壮行試合 キリンカップガーナ戦マッチレビュー

おもちログにお立ち寄り頂きましてありがとうございます。

今回は今日5月30日に行われたガーナ戦のマッチレビューです。

スタメン

GK 川島
DF 吉田 長谷部 槙野
WB 原口 長友
MF 大島 山口 本田 宇佐美
FW 大迫

サブ 東口 中村 昌子 植田 遠藤 酒井宏 酒井高 柴崎 井手口 三竿 香川 乾 浅野 岡崎 武藤

各スポーツ紙の予想通り、長谷部をセンターに置いた3バック。
ボランチは僚太と山口のコンビ。
柴崎との競争に勝った大島僚太、フロンターレサポの立場では誇らしく感じます。
WBは原口と長友、攻守両面で的確な判断や位置取りが求められる難しいポジションをどのようにこなすかに注目したいと思います。
そして二列目に入った本田と宇佐美、ワントップの大迫の3人がどれだけ連動してチャンスを作れるかにも注目です。
サブメンバーて注目は香川、当落線上という報道もありますが、代表の10番を背負ってきた男の意地を見せて欲しいです。

試合結果

前半9分、槙野がペナルアエリア手前でクロスボールを競り合った際にファールを犯して与えたフリーキックを決められ失点、0-1。
その後、僚太のスルーパスや大迫のポストプレーでチャンスを作る場面はありましたが、全体的に低調なパフォーマンスで前半終了。
後半から3人を交代してピッチへ。

大迫→武藤
宇佐美→香川
原口→酒井高

後半開始早々、香川に2回のシュートチャンスがありましたが、ゴールならず。

51分、川島が無謀な飛び出しでペナルティエリア内で相手を倒しPKを与えて失点

59分には岡崎と柴崎を投入。

本田→岡崎
山口→柴崎

僚太と柴崎の2ボランチになってから見違えるほど攻撃が活性化、ただ、シュートに結びつかないのが見てて切なくなります。

76分、井手口がベンチで準備、僚太はお役御免と思いきや、まさかの長谷部と交代。
これで交代枠を使い切ったので、僚太のフル出場が確定、西野監督の信頼を勝ち得た証拠なので嬉しい反面、怪我が心配です。。

そして迎えた82分、井手口のパスミスをフォローするためにフルスピードでディフェンスに下がり、ファールをしてシュートブロック、その時、足を痛める仕草をした時に、少し心臓が止まりました。
が、その後も走れていたので問題ないでしょう。
こうして試合終了。

結果は0-2の敗戦。
ガーナは前日に来日し、決して万全のコンディションではない相手に対しての惨敗は本番に向けてさらに不安が募る結果となりました。。

この試合を以下3つのポイントで振り返ってみます。

①ビッグ3の評価は?

②正GK交代の予感

③躍動!大島僚太!

①ビッグ3の評価は?

現代表のビッグ3と呼ばれる本田、香川、岡崎。
この試合で3人ともに出場機会があり、それぞれ代表メンバー入りに向けて最後のアピールを行いました。
個人的に一番良かったのは香川だと思っています。
SNSやインターネットでは香川への中傷が多かったので、自分の見るてがないのかと少し不安になりますが、後半開始からピッチに入ると、良い位置でボールを受けて2回シュートを放ちました。
一本目は難しいハーフボレーだったので致し方無いですが、2本目の右サイドからの低いクロスに合わせたダイレクトシュートは決めて欲しかった。
ただ、ペナルティエリア付近の良い位置でボールを受けてシュートまで持っていけてることからも、調子は上がってきてると思います。
香川は使われるタイプの選手です。
使うタイプである僚太との連携が高まれば、よりチャンスは増えてくるはずです。

本田に関しては気持ちが空回りした印象が拭えませんが、二列目のポジションをそれなりに無難にこなしていたと思います。
僚太の指示を無視して、ドリブル突破し、相手の滑った後のスライディングに引っかかったシーンがツイッターでネタになっていましたが、個人的にはこのチャレンジは賛成です。
あのスライディングをかわせていたら、連動して走り出していた長友がフリーになっていたので、ビッグチャンスが生まれてました。
このような積極的なチャレンジはアリです。

そして、岡崎ですが、正直非常に心配になる出来でした。
はっきり言って消える時間が多すぎました。
岡崎の良さである豊富な運動量に基づくチェイシングが、チーム戦術の影響もあると思いますがあまり見られず、更にゴール前に顔を出して抜群のポジショニングでシュートチャンスを作るシーンは皆無でした。
この1試合だけで評価するなら、岡崎は落選させるしかないと思わせるようなプレーでした。
ただ、岡崎には世界最高峰のリーグであるプレミアで試合に出て、点を取っているという実績があります。西野監督はそこを大きく買っているのが記者会見でも伝わってきました。

この試合でのビッグ3のパフォーマンスは三者三様、明日の発表で23人に選ばれるかどうかですが、個人的には3人とも間違いなく選ばれると思っています。
この3人は代えがきかない貴重な戦力、という考えが元々西野監督にはあり、プレー出来る状態に戻っていることを確認出来たのが理由です。
ただこの3人が選ばれると、いろいろな声が上がるのが、今から想像がつきますね。。

ちなみに、僕はビッグ3という言葉を聞くと、ビートたけし、明石家さんま、タモリの新春ゴルフを思い浮かべてしまいます。
タモリがうまく2人の中に入っていけない感じが今でも脳裏に焼き付いてます。
密かに復活を期待してる番組の一つです。
すいません、話が逸れました。。

②正GK交代の予感

今日の川島永嗣は酷かったです。。
1失点目も自分から開けさせた壁の間を通され、さらに自分がいるサイドに来たボールを止めきれずゴールを許してしまいました。
2失点目は論外であのタイミングであの飛び出しでPKを与えるキーパーは代表としてピッチに立ってはいけないと言わざるを得ません。
川島自身、2010年の南アフリカワールドカップで、当時は2番手GKながら、本番前の親善試合イングランド戦でランパードのPKを止めて、一躍正GKに上り詰めました。

あれから8年、逆の立場で当時と同じことが再現される可能性が高まってきました。

残された親善試合は6/9のスイス戦と6/12のパラグアイ戦です。

この2試合で東口か中村航輔のどちかに間違いなくチャンスが与えられるはずです。
そのチャンスは川島負傷時を想定してのシュミレーションではなく、川島の代わりを務められかを見極めるためのチャンスです。
その試合の出来次第でワールドカップのピッチに立つGKが決まると思っています。
東口か中村航輔のどちらかですが、直前に起こった中村航輔の脳震盪の影響を考えると東口が妥当ではないかと思います。
それほど、脳震盪というのは怖い怪我なので。
今度の親善試合、注目です。

③躍動!大島僚太!

フロンターレサポとして、僚太がフルメンバーのA代表のスタメンに出ることも嬉しかったのですが、90分フル出場したことが嬉しかったです(最後の方は怪我しないかビクビクしてましたが 笑)。

攻撃の中心としてボールを供給し続け、効果的なスルーパスを何本も通してました。
ただ、前半の僚太からのスルーパスについて、TVの実況も解説も全く出しての僚太に触れず、パスを受けた原口や長友について話していたことには驚きました。
世間的に名前が通っている欧州で活躍している選手中心に放送しよう、というオトナの事情丸出しのTV中継に辟易しました。
(そんなTV中継ですが、僚太の活躍が続くので、後半になってようやく褒め出したとき、勝った!!という気持ちになりました 笑)

この試合、僚太がやりたかったことはきっと半分くらいしか出来ていないと思ってます。
その理由はボールが集まらない=僚太がまだチームメイトからの信頼を得ていないからです。
欲しい場面でボールが来ない、そんなシーンが多数見受けられました。
僚太を経由すればチャンスを作れるのに!という思いで見てるこっちがイライラしてしまいますが、これまで代表で自分の力を出しきれていないことを考えるとそれは仕方ないことです。
だからこそ、この試合で90分フル出場したことは非常に大きな意味があります。
代表常連メンバーにとっても、僚太が西野監督から信頼を得られていること、僚太経由で攻撃を始めることの共通認識がチームにも広がったはずです。
これによって僚太にボールが集まるようになり、更に自由にプレー出来ることになります。

代表の攻撃を担うという重責を背負うことになりますが、僚太ならきっとやってくれるはず、信じてます。
この試合の活躍で23人の選出は当確と考えてよいでしょう!そして、ワールドカップ本線でのスタメン出場も可能性が高まったと思います。
そうなると、僚太とコンビを組む相方ですが、今日の試合を見れば一目瞭然、柴崎で決まりです。
山口蛍はこの試合でパス能力の低さを露呈してしまいましたが、それ以上にリズムが全く合わないことがわかりました。
僚太としては一度さばいてリターンをもらい、そこで生まれた前線のギャップを確認して効果的なパスを出したい場面で山口蛍からそのパスが返ってこないシーンが多々ありました。
リターンを出すだけならコミュニケーションで改善出来るのですが、根本的にボールを受けてからさばいてまでの時間が山口蛍はかかりすぎる為、そこで相手に寄せられて返せなかったり、パスをさばいて動いた僚太の位置を見れなかったりでことごとくプレーの流れを断ち切っていました。
この試合前の報道では、ボランチは山口蛍は固定で、柴崎か僚太が交代で彼とコンビを組んでいたほど絶対的な存在でした。
しかし、この試合のパフォーマンスが悪すぎた影響だと思いますが、西野監督は柴崎を投入する際に山口蛍との交代をチョイスしました。
「おっ、西野わかってるじゃん」心でそう呟きました。

その柴崎ですが、ベンチから見てて僚太のやりたいことを感じ取ったのでしょう。
元々パスセンスに優れた2人です、見事なまでに僚太の求めていることを理解して2人何度もパス交換を行い、前線へボールを供給する場面が増えました。
山口蛍のボール奪取能力はたしかに捨て難いと思いますが、僚太の守備能力も格段に進歩しています。
前半、フィジカルで弾かれてボールを取りきれないシーンがありましたが、後半には見事に修正して、相手の動きを先読みしてコースを読み、ボールを取りきるシーンが2回ほどありました。
また、チームとしての守備力であれば、的確にスペースを埋めることが柴崎と僚太には可能で、もしかしたら、山口蛍以上だと思います。
ボールにいき過ぎて取りきれず、広大なスペースを相手に与えることはなくなるからです。
柴崎と僚太のボランチコンビで攻守にバランスを取って戦うほうが今の日本代表にとっては最適解だと思います。

小ネタ

今日の試合の審判団を見て驚いたのですが、Jリーグファンの間では何かと物議を醸しだすことで有名な飯田淳平氏が第4審判に入っていて驚きました。
調べてみると、国際審判員として日本サッカー協会(JFA)が申請して、世界サッカー連盟(FIFA)から承認された31人の中で、主審を務めることが可能な7人の内の一人でした。

ちなみにその7人の中には、4/3のフロンターレVSサンフレッチェ広島戦で世紀の大誤審をやらかした東城穣も入っていました。。。(思い出すだけでまだ怒りが・・・)
彼らがこの先ワールドカップの笛を吹くような時が来たら、いったいどうなってしまうのか、いろんな意味で興味が出てきました。

いよいよ、明日は代表メンバー23人が発表されます。
今回のガーナ戦メンバー以外からのサプライズ招集があるのか、とても期待してします。

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村