2018年川崎フロンターレマッチレビュー J1第3節 VSガンバ大阪戦 【大黒柱家長!】

おもちログにお立ち寄り頂きありがとうございます。
今回はJ1第3節ガンバ大阪戦のマッチレビューです。

ACLはほんとに悔しい結果でしたね。
グループリーグ突破が厳しくなって来ましたが、諦めずに頑張ってサポートしていきたいと思います。

今回は第3節、ガンバ大阪戦を振り返っていきます。

現地観戦

我が家は現地観戦で、列抽選は900番台でしたが、いつものバックスタンドアウェイ寄りの最前列を確保出来ました!

席を取って一息ついて、ビールの売り子さんに手を挙げて、ビールを買ってグイッと飲む!至福のひとときですね!

スタメン

いつもの4-2-3-1です。
悠のワントップで左から阿部ちゃん、憲剛、家長、ボランチは僚太とネット、4バックはノボリ、車屋、ショウゴ、エウソン、GKはソンリョンです。
サブは章太、守田100%、エドゥ、知念、モリケン、ハセタツ、ヨシトです。

ACLで痛恨のPKをやらかした奈良ちゃんのベンチ外は致し方ないですね。

どうも今シーズンの奈良ちゃんは気合が空回りしている印象です。行かなくていいとこでチャレンジしてピンチを招くことが多々あり、その最悪の結果がACLのPKだと思ってます。

ワールドカップイヤーということもあってアピールしたい気持ちはわかりますが、DFは0に抑えてなんぼであって、ボールを取りに行くことが全てではありません。

ここは一度外から試合を見て、一旦、心を落ち着かせて欲しいと思ってます。

3月の代表の欧州遠征が終わると、ミッドウィークにも試合が入る脅威の13連戦が始まります。

奈良ちゃんの力が必要になるときは必ず来ますので、今一度チャンスを掴んで欲しいと思ってます。

試合結果

完勝でしたね!

コーナーキックのこぼれ球からネットの珍しい右足シュートで開始8分に先制すると、そこから怒涛のフロンターレペース、前半はガンバのシュートを0本に抑えました。

後半に入っても勢いは衰えず、55分に阿部ちゃんのクロスを家長がこれまた利き足とは逆の右足でダイレクトゴール!これで2-0。
スコアはこのまま動かず試合終了。

フロンターレはシュート16本に対してガンバのシュートは2本に抑え、スコア以上に圧勝した印象です。

今日の試合のポイントは以下2点です。

①大黒柱家長
②車屋のセンターバック適正の再認識

ポイント①大黒柱家長

家長の存在感は圧倒的でした。

体幹の強さから来るキープ力、本来の持ち味であるドリブルテクニックに展開力、そして見事なダイレクトシュート、どれも際立っておりましたが、昨年から実践してくれている全速力でのチェイシングが僕にはたまらないです。

家長といえば前線でボールを待ってる印象が強かったのですが、フロンターレに来てからは積極的にプレスの推進役を担ってくれてます。

憲剛がインタビューでフロンターレでは走らないと試合に出れない、そこに例外はないと語っていました。

昨年の前半は怪我の影響もあり、中々試合に絡めず、夏の移籍で大宮に戻るんじゃないかとビクビクしてましたが、フロンターレに残残留し、久々に先発出場した8/13の鹿島戦でゴールを奪う大車輪の活躍で一気にスタメンに定着しました。

真夏のとんでもない暑さの中、必死にボール追いかける姿に目頭が熱くなりました。

昨年は憲剛の近くを動いて憲剛をサポートしながらチャンスを作ることが多かったのですが、今日の試合ではどちらかというと憲剛よりもたくさんボールに触れて、家長を中心に攻撃が回っていた印象を受けました。

フロンターレで2年目を迎えますが、替えが効かない大黒柱と呼んでも差し支えないほどの存在感を発揮しつつあります。これからの家長に期待大です。

そして、代表に呼ばれてもいいのになって思います。

ちなみに小ネタですが、家長は川崎に家を建てているという噂があります。いろんなチームを渡り歩いている印象が強いですが、フロンターレを気に入ってくれて、このまま何年もフロンターレに居てくれたら嬉しいです。

ポイント②車屋のセンターバック適正の再認識

奈良ちゃんの代わりはエドゥかなって思ってましたが鬼さんは車屋を持って来ましたね。
この采配は大当たりです。

車屋という選手は能力は一級品ですが、その能力を過信してポジショニングなどで難がある為、ミスが失点に直結するセンターバックはJ1では厳しいという見方をしてましたが、今日はそんな心配をよそに何度となくピンチの芽を摘み取ってくれました。

元々対人は強く足も速いので、今日のような安定した働きをしてくれればセンターバックとしても有数の選手になれる才があることを証明してました。

代表にも選ばれ、自分がもう1ランクも2ランクも上の選手になるためには能力任せのプレーでは限界があることを本人も感じ取ったのではないかと思ってます。

いずれにせよ、複数のポジションを高いレベルでこなせることは本人にとってもフロンターレにとっても可能性が広がる素晴らしい発見です。

次節は名古屋グランパスとの風間ダービーです。楽しみですが絶対に負けたくないですね!

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村