2018年川崎フロンターレマッチレビュー J1開幕戦 VSジュビロ磐田戦 【チームを蘇らせた先制点!】

おもちログにお立ち寄り頂きありがとうございます。
今回はジュビロ磐田との開幕戦のマッチレビューです。

ついにJ1リーグ開幕です!
ここまでゼロックススーパーカップ1試合、ACL2試合が終わってまさかの3連敗。
プレシーズンの好調さを考えると厳しいスタートですが、もしかしたら、こんな苦しいスタートもあるんじゃないかと少し覚悟してました。
昨年のACLは対戦チームがフロンターレのサッカーをほぼ知らない状態で戦ってきました。結果的に序盤は勝てませんでしたが内容はフロンターレが押してる試合が大半でした。
今年は対戦チームがJリーグチャンピオンということで注目を増したフロンターレのスカウティングを強化してくることに加え、フロンターレ自身も慢心ではないですが、心のどこかで自分達は強いと思い込み、プレーに緩さが出るのを危惧してました。
ある意味、この3連敗は強者の慢心から目を覚まさせ、もう一度チャレンジャーであることを自覚させる良いお灸になればと思います。

スタメン

フォーメーションは4-2-3-1、GKはソンリョン、DFは左から車屋、エドゥ、彰吾、エウソン、ボランチは僚太とネット、中盤は左に家長、真ん中が憲剛、右が小林悠でワントップは知念です。
サブは章太、守田100%、ノボリ、奈良ちゃん、ハセタツ、阿部ちゃん、ヨシトです。

昨年のJリーグMVPではなく、知念をスタメンに抜擢したオニさん、期待値の高さが感じられます。

ジュビロ磐田について

Jリーグ開幕戦、相手は去年躍進を遂げたジュビロ磐田です。
ジュビロのイメージは川又という最前線にパワータイプのフォワードを置き、明確なターゲットを作ります。
そこに中村俊輔をという稀代の名パサーを中心にボールを集めたり、アダイウトンや、松浦、川辺と言った縦に推進力のある選手が絡んで攻撃を厚くする一方でカミンスキーを中心に強固な粘り強いブロックを敷いて年間30失点というリーグ最少を記録しました。
昨年のホームでの試合では、2-5の完敗(フロンターレは毎年等々力で1試合はこうしたボロ負け=事故試合がありますね。。)。
川辺は広島に復帰してしまいましたが、名古屋の中心選手である田口を獲得し、戦力ダウンを防ぎました。
昨年のホーム大敗、直近での3連敗、そしてアウェイ戦を考慮すると、非常に厳しい試合になると予想します。

試合結果

予想が怖いくらいに外れました。
まさかの大勝です!
前半24分、憲剛がゴール前に向かって斜めに走って来たところをネットが見逃さずにライナー性のパス!それを珍しく憲剛が頭で合わせて先制!1-0!
この先制点については後ほど詳しく考察しようと思います。
43分のコーナーキックのこぼれ球から憲剛が再度クロスを入れ、ショウゴが頭でゴール、2-0!!
さらに45分にはリーグ戦初先発を飾った知念が奪ったFKで憲剛のボールをニアサイドでエドゥが合わせて前半だけで3-0。
後半はホームで大敗は免れたいジュビロの猛攻を耐え抜き、3-0の快勝!
予想だにしなかった嬉しい結果、サッカーは何が起こるかわかりませんね。

ポイントになったのは先制点を振り返ってみます。

ポイント①先制点

流れを呼び込んだソンリョンのスーパーセーブ!

この試合、磐田は決定的な先制点のチャンスが2回ありました。
一つ目は17分の左からのフリーキックのこぼれ球が川又に転がりどフリーのチャンスをキックミス、二つ目は22分のギレルメのドリブル突破による1対1の場面で守護神ソンリョンがビッグセーブ!!
運とソンリョンに助けられ、決定的なピンチを0点で凌ぐことが出来ました。
ソンリョンの1対1の対応はほんとに上手かったです。あの間合いの詰め方は絶妙!
今年もソンリョンが最後の砦として控えてくれることがほんとに頼もしいです。

今年初のゴールパフォーマンス

そして24分の先制点の場面ですが、憲剛の斜めの走り出しをしっかり見ていたネットが見事な縦パスを送り、珍しいヘディングでのケンゴール!今年も開幕戦でゴールパフォーマンスを披露してくれました。
今年はお笑い芸人川崎バイクの「BKBヒィーア」ですね。
賛否両論ありますが、僕は大賛成な方です。こうして盛り上がる話題を提供することもプロとしての立派な仕事です。憲剛自身も今年も開幕戦で披露することができて、肩の荷が下りたも思います。

ネット準備期間について

この先制点をアシストしたネットですが、ACLでの不調で戦犯扱いされてました。ネットはいつも気温が寒いシーズン当初は不調で暖かくなるにつれて調子を上げてるイメージがあります。
僕は毎年、勝手にこの時期をネット準備期間と定めて温かい目で見守ることを心がけてます。
ネットは細かいパスやサイドチェンジはすごい精度が高いのですが、得点につながるアシストパスだけいつも相手に引っかかったり、合わない時が大半という印象を持ってしまってます。ただ、年に一回、素晴らしいアシストを必ず決めてくれますが(去年は小林悠への鮮やかなクロスがありました)、今年は開幕戦でいきなり出ました!
このアシスト後、ネットのプレーはどんどん良くなり、好調時に近い、パスを捌けてボールを奪えるJリーグ屈指の大型ボランチの姿がありました。もしかしたら、今年のネット準備期間は思いの外、早めに終わりそうです。

ビッグチャンスを立て続けに外した磐田、年一の奇跡が起こったフロンターレ(ちょっとネットに失礼ですね、今年はたくさんの素晴らしいプレーを期待してます)、この先制点で流れは完全にフロンターレ!!
ようやく今年初勝利を挙げることが出来ました。

チームとしても今日の勝利で一息つけたと思います。ここからどんどん勝ち星を重ねて行って欲しいです!
Jリーグがある週末が今年もいよいよ始まりました!頑張ってフロンターレを応援していきます!

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村