2018年川崎フロンターレ注目選手①大島僚太 更なる進化へ飛躍の年に!

おもちログにお立ち寄り頂きありがとうございます。

いよいよ2018シーズンが迫って来ました。
この時期になるとキャンプの話題や練習試合の結果などをネットやtwitterを通じて一生懸命集めて、開幕戦のスタメンや新加入選手のフィット具合を想像するのがサポーターの楽しみですね。

今年は優勝効果で注目度が上がったおかげでフロンターレの記事や情報を例年以上によく見かける気がします。

サポーターにとっては大変有り難いので、是が非でも今シーズンも優勝を勝ち取ってほしいです。

今回は僕が2018シーズンで注目する選手をピックアップして、その理由を書いていきます。

第1回目は大島僚太をピックアップします。

プロフィール

生年月日:1993年1月23日生まれ 

出身地:静岡県静岡市

身長:168cm、体重:64kg

星座:みずがめ座

血液型:AB型   

静岡学園高校出身で2011年に入団、気づけば8年目になりました。

入団の逸話は有名です。

フロンターレは既に5人の新卒選手が決まっていたので、補強は終了する予定でしたが、フロンターレが誇る日本屈指のスカウト向島建さんが夏に僚太のプレーを見て一目ぼれ、すぐに練習参加のオファーを出して11月に契約。

僚太自身、プロになろうとは思っていなかったようで、練習参加やオファーがきたことに驚いたようです。

ちなみに僚太の同期は、以下5名です。

實藤友紀(現 アビスパ福岡)

福森晃斗(現 コンサドーレ札幌)

田中雄大(現 コンサドーレ札幌)

棗佑喜(現 坂井フェニックス ※福井県坂井市にある北信越フットボールリーグのチームです)

谷尾昂也(現 ヴァンラーレ八戸FC ※JFL所属)

一番最後に入団が決まった僚太が唯一フロンターレに残っているというのは運命を感じますね。

大島僚太への期待!

フロンターレの10番を背負う大島僚太、今年こそ、大きな飛躍の年にしてほしいと願っています。

正直なところ、このシーズンオフで海外移籍もありえるかな、と思っていましたが、年末の代表戦の怪我の影響もあってか、無事フロンターレ残留となり、ホッとしました。

僚太はフロンターレの勝率を左右する最重要人物の一人です。

元々のパスやドリブルセンスに加え、最近はボール奪取力も向上し、個人的には日本No.1のボランチだと思ってます。

代表デビュー戦でPKを与えたり、パスが噛み合わなかったり、途中交代してしまったせいで、世間的な認知度や評価が低いのが悲しいですが(今でもあの試合は僚太が悪いのではなく、周りのコンディションのせいだと思ってますが。。)、最近の僚太の試合を見ると、明らかに周囲よりもワンランク上の選手であることが一目瞭然に感じるほどの存在感を放っています。

先日のE-1選手権が正に顕著で、3試合合計180分で、僚太がいた30分といない150分では明らかにクオリティが違いました。

僚太がいる=ボールは収まり正しく回る
僚太がいない=真逆の状態、攻め手は意味不明な前への放り込みのみ

ただ自分のプレーをするだけで、代表という場でもあれだけの存在感を放つことが出来るまでの選手になったことを、図らずも彼がいないことで証明されました。

気づけば彼も25歳、若手と言われる年齢ではなくなってきました。ワールドカップイヤーである今年こそが、僚太がサッカー選手として大成するかしないかを占う大切な一年である気がしてなりません。

最大の敵は怪我!!対策は?

彼にとって一番の天敵は筋肉系の怪我です。
怪我というのはどんなに万全の準備をしていても防ぎきれない非常に厄介な存在です。

そんな怪我にどう立ち向かっていくかがポイントになりますが、昨年との変化点ということで、以下2点を挙げてみます。

①ローテーション

今年のフロンターレの選手層はJリーグ屈指です。これまで僚太の代わりは森谷が担ってましたが、大久保のトップ下起用により憲剛がボランチに下がることや、キャンプの練習試合でAチームのボランチとして先発し、得点も挙げたルーキーの守田100%(由来はキャンプの時の写真ですね!)、湘南から加入した下田もいますし、個人的にはとても期待している田中碧くんもいて、昨年に比べてボランチの選手層も大幅に上がっています。

僚太の代わりはいませんが、彼をフル稼働させなくてもやりくりできる状態にはなったので、うまくローテーションを使って僚太の負担を減らせればと思ってます。

②結婚効果

シーズンが始まっていないにもかかわらず、既にフロンターレの今年一番のサプライズといっても大げさではない彼の結婚が良い影響を与えてくれればと願ってます。

奥さんがどういう人かはわかりませんが、僚太の健康面や食事をしっかりサポートしてくれる人だったら嬉しいですね。

精神論ではありますが、1人よりは2人で怪我に立ち向かえることがプラスに働いて欲しいです。

怪我を乗り越え、ポテンシャルを遺憾なく発揮してピッチで躍動する僚太の活躍を楽しみにしています!

例えその結果が夏の欧州移籍でも、頑張って受け入れる心の準備はしておきます。

小ネタ

最後に僚太関連の小ネタを2つお届けします。

僚太のチャント変更問題について

彼自身が2017年11月に行われた田園調布学園大学DCU祭のトークイベントで、チャントの歌詞を変えて欲しいと訴えました。

<チャントの歌詞>
オオシマリョウタ
笑顔がキュート
オオシマリョウタ
決めろよシュート

彼はJリーグ屈指のイケメンで、確かに笑顔がキュートです。
でも彼はもう25歳で、さすがに変えて欲しい思う気持ちも分かります。
フロンターレの応援を取り仕切るサポーターグループ「川崎華族」は今年もチャント変更はしないことを決定して、ツイッターなどではまだまだもめてます。
提案ですが、直接確認すると断るのも難しいと思いますので、川崎華族懇意のスタッフ経由で本心を聞いてみるのはいかがでしょうか?

万が一にも夏の移籍期間で、

「フロンターレに残って、子供が生まれて自分のプレーがわかる頃まで頑張りたいけど、チャントが恥ずかしいから移籍しよう」

なんてことになったら洒落になりません。。

※2018年4月27日追記

 今シーズンのホーム開幕戦で新チャントが発表されました。

 華族のみなさん、ありがとうございました。

大島僚太と槇原敬之

2016年2月に放送されたNHKのサタデースポーツで思い入れのある曲として、槇原敬之の「僕が一番欲しかったもの」を挙げ、サポーターの想いをこの重ねて頑張っているとコメントしてました。

僕もこの歌が大好きなので、更に僚太を応援しようという気持ちになりました!

いよいよ、シーズン開幕!僚太、今年も応援します!

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村